安倍首相が「長時間労働」について答弁した内容

印刷

   働いた時間に関係なく成果に応じて賃金を払う、新たな労働時間制度について、安倍晋三首相は、「労働者の健康確保を前提に制度を構築していく」考えを示した。2014年10月2日の参院本会議で、所信表明演説に対する代表質問での答弁で明らかにした。「長時間労働を強いられることがあってはならない」とも強調した。

   安倍政権では「世界トップレベルの雇用環境の実現」を目指しており、その中で労働者の「働き過ぎ」について、全力で取り組む姿勢を示している。

   「時間でなく成果で評価される制度への改革」はその一環。制度設計にあたっては、希望しない人に適用しないことや、職務の範囲が明確で、高い職業能力を有する人材に絞ること、賃金が下がらないようにすること――の3点に留意するとしている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中