「同一労働同一賃金を目指すなら、正社員はなくす」 あなたは賛成?反対?

印刷

   「同一労働同一賃金」という考え方がある。簡単に言えば、正社員か非正規社員かといった雇用形態などに関係なく、同じ仕事をしたら同じだけの賃金を支払うべき、というもので、欧米では普及している。

   日本でも近年、よく耳にするようにはなったが、まだまだ「正社員と正社員以外の壁」は厚いようだ。そんな中、あらためて「同一労働同一賃金を実現するなら、正社員をなくすべきだ」という議論が注目を集め、賛否両論を巻き起こしている。

テレビでの討論がきっかけに

正社員をなくせば同一労働同一賃金が実現?
正社員をなくせば同一労働同一賃金が実現?

   話題となっている発言は、経済学者で人材派遣のパソナグループ会長でもある竹中平蔵氏のものだ。

   2015年1月1日放送の「朝まで生テレビ!元旦スペシャル」(テレビ朝日系)中盤で、「改正派遣法の是非」の議論が始まった。出演者の竹中氏は

「派遣労働者のうち、今後『派遣労働者として働きたい』『派遣社員ではなくパートなどの正社員以外の就業形態で働きたい』と答えたのは合わせて47.3%、『派遣社員ではなく正社員として働きたい』と答えたのは43.2%」

という厚生労働省の調査結果(13年9月5日発表)を紹介した上で、派遣雇用が増加した原因を「日本の正規労働ってのが世界の中で見て異常に保護されているから」と指摘。そして他のパネラーが主張していた「同一労働同一賃金にすべき」という意見について、

「やるんだったら正社員をなくしましょうって言わなきゃいけない。全員を正社員にしようとしたから大変なことになったんですよ」

と述べた。

暴論?正論?

   この発言がメディアなどで取り上げられると、ネット上では

「同一労働同一賃金を達成するために正社員をなくす! 低い方にあわせてどうすんの!」
「そりゃあ『派遣会社の会長』なら正社員より派遣社員が増える方が取り分が増えますからなあ。ポジショントーク」
「正規と非正規の不当な差別は、正社員の過剰な保護を廃止するしか対処の方法がない」
「『正社員をなくす』んじゃなくて『正社員を弱くする』がベターだと思うが。終身雇用とか過剰な福利厚生とか無くし、使えない正社員は切れればいい」

など様々な意見が書き込まれた。

   J-CASTニュースでもこうした反応を紹介する記事を掲載したところ(15年1月5日)、

「暴論だ。都合良く安く雇い、何時でも解雇が出来る。無能な経営者にとっては笑いが止まらない話だ。労働者の人格を無視し、生活の安定を脅かすようでは、国家の繁栄もあるまい」
「企業のトップなら雇用を確保し働き甲斐のある制度確立するのが使命だろ。経営者はヒト・モノ・カネを大切にして初めて経営者といえる。ヒトは機械じゃないんだよ」
「正社員という縛りは確かにきついかもな、正社員というシステムをなくせば雇用率はたしかに上がる気がする、下手したら賃金も上がるかもしれないしね」

といった反応がコメント欄などに寄せられている。(MM)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中