ケンブリッジ大の学者もびっくり 「ニッポンの居眠り」パワーの凄さ

印刷

   CCCメディアハウス書籍編集部が今日(2015年7月1日)つぶやいた本は、『世界が認めたニッポンの居眠り』。副題は「通勤電車のウトウトにも意味があった!」。仕事の効率や長生き、自信などとの関係に迫る。

(以下引用)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
CCCメディアハウス書籍編集部‏@cccmh_books
世界が認めたニッポンの居眠り】なぜ日本人は電車の中で居眠りし、降りる駅で突然ニョキっと起きるのか? ケンブリッジ大学の文化人類学者が「日本の居眠り」を真面目に論じた話題の書。通勤電車のウトウトにも意味があった!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

会社ウォッチ編集部からは、次のように「お邪魔します」(「返信」しました)。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「居眠りをすれば、異性に近づける!?」(「内容」より)――気になります・・・@Wkaisha
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中