5年でこんなに減った「夢あり」新入社員 「仕事通じて~」減少幅は過去最大

印刷

   2015年度の新入社員を対象にした日本生産性本部の意識調査で、「自分には仕事を通じてかなえたい『夢』がある」との質問に対して、「そう思う」と答えた新入社員の割合は、調査開始以来2番目に低い58.9%だった。過去最低は1991年の58.1%。減少幅は前年比7.1ポイントで、過去最大だった。一方、「そう思わない」は7.1ポイント増の41.1%だった。

   「そう思う」と答えた新入社員は1991年以降、じわじわ増えて2010年にピークの72.9%となったが、翌年から減少している。

   また、2000年以降に聞いている、年功序列賃金と成果主義賃金のどちらを希望するかという設問では、年功序列が増えて過去最高の46.9%、成果主義は減って過去最低の53.1%となった。

   なお、調査は2015年3~4月に生産性本部が主催した新人研修の参加者に実施、4月下旬に公表した。回答者数は1924人。

あなたの夢は?
あなたの夢は?
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中