年収に「70万円」の差 影響するのは留年?留学?

印刷

   海外留学といえば、さまざまな「学び」があるイメージだが、見知らぬ土地での経験が、将来の「年収」にも影響を与えるらしい。

   「海外の大学で学位を取った人」は、「留学経験がなく、国内大学を卒業した人」と比較して、就職後の年収が男性で「平均70万円」、女性で「平均109万円」も多い、という調査結果があるそうだ。ネットでは、「これは実感できる」「ほんとかよ」など、さまざまな受け止め方が飛び交っている。

女性では「平均109万円」

行ってきます
行ってきます

   先の調査結果は、明治大の横田雅弘・国際日本学部長らのグループが行ったもので、日経新聞も紹介した。(「留学の有無で年収に大差 明大が大規模追跡調査 能力・意欲も向上(2015年12月16日)」。

   調査は2015年1~9月、全国20~50代の男女を対象に行った。海外の大学・大学院、語学学校などに留学したことがある4489人と、留学経験がなく、国内の大学・大学院を卒業した1298人に対し、「現在の年収」や、「留学や学生生活で得られたと考える能力」などを質問。その結果、男性では、『留学経験者』の、「現在の平均年収」が645万円で、『非経験者』の575万円より、70万円高かった。女性でも「439万円」と「330万円」と、109万円の差がついた。

   留学中の経験は、意欲や考え方にも影響を与えるそうだ。『留学経験派』と『非経験派』それぞれに対し、「学生生活で向上したと考える能力」を尋ねると、経験者の85.8%が 「柔軟性」、79%が「忍耐力」が伸びたと回答。一方で、『非経験者』はそれぞれ57.3%、55.9%にとどまり、「柔軟性」では約28ポイント、「忍耐力」では約19ポイントの開きがあった。

語学以上に得ることがある

   ツイッターでは調査結果を受け、さまざまな感想がつぶやかれている。自身が留学経験者らしき人は、

「そういえば留学から帰ってきた時、叔父叔母から『すごく良い経験したみたいで、成長したねぇ』と言われたっけ。自身にはまったく自覚ないんだけどね」

と、懐かしく振り返っていた。「留学を、『語学だけの勉強』と捉えるのは狭い考え方。それ以上に得ることがある!」という人もいれば、異文化に揉まれるせいか、「留学すると大人になるのが早いよね」という人もいる。

「もともと優秀なだけだろ」

   一方、ツイッターでは、調査結果に「ちょっと疑問」との声もあがっている。『留学経験者』の年収が高くなるのは、「留学の有無というより、留学できる家庭環境と最低限の学力の有無の問題だろうね」とか、「留学できるだけ実家が裕福なら、コネで給与が高い会社に入れる蓋然性が高いというのが、実際の因果関係なのでは?」との見方もあった。

   『やっかみ半分』の感情も、ちょっとはあるのかもしれない。「もともと優秀な人は、留学割合も多いし年収も多くなるだろ」とか、「海外に行った人が優秀だった、ってパターンが過半数だろうね」との意見も、結構ある。よくよく見ると、「『留学』を『留年』と見間違えて辛くなった・・・」と、苦い思い出(?)を振り返るようなつぶやきもあった。(KH)

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中