早期退職募集に計画上回る応募 経営再建中の東芝

印刷

   経営再建中の東芝は、2016年1月から募集していた社員の早期退職優遇制度に、3449人の応募があったと4月15日に発表した。これにより、早期退職を含む人員削減数は、当初計画の1万840人を3610人上回る1万4450人となった。関連費用として約420億円を2016年3月期連結決算に計上する。

特別加算金、再就職支援も

「私も!」って40歳未満の人は対象外
「私も!」って40歳未満の人は対象外

   早期退職の対象は、キヤノンへの売却を決めた医療機器子会社を含む「ヘルスケア」などの4部門の、満40歳以上で勤続10年以上の正社員。退職金とは別に「特別加算金」を支払うほか、希望者には再就職を支援する。

   応募者の内訳をみると、システムLSI(大規模集積回路)などを手がける電子デバイス部門が最も多く2058人。パソコン事業などのライフスタイル部門は1086人だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中