ブラック返上のために「団結せよ!」 ワタミに1万3000人労働組合

印刷

   居酒屋チェーンの「和民」などを展開するワタミで、このほど労働組合が結成された。J‐CASTニュースが2016年6月17日、同社に取材したところ、労組は「ワタミメンバーズアライアンス」の名称で、16年1月から結成の準備を進めていた。5月16日に結成大会を開き、入社と同時に労組に加入することになる「ユニオンショップ協定」を会社側と結んだ。現在までに、約1800人の正社員と約1万1000人のアルバイト・パート社員が加入したという。

しっかり対話していく

団結、がんばろう!
団結、がんばろう!

   ワタミには1984年の創業以来、企業別労組はなかった。2008年に過労自殺した社員の遺族から提訴され(15年12月和解が成立)、過重な労働に対する「ブラック」批判が高まり、企業イメージや業績の悪化を招いた。同社は、「今後、労組としっかり対話していきます」といい、職場環境の改善に注力していく方針。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中