ポークカレーを21円値上げ ココイチ、人件費・食材高騰で

印刷

   「カレーハウスCoCo壱番屋」を展開する壱番屋は、定番の「ポークカレー」を21円値上げすると、2016年11月10日に発表した。カレーの値上げは9年ぶり。12月から1年をかけて、順次改定していく。値上げは、深刻な人手不足や最低賃金の引き上げなどによるパート・アルバイトの人件費上昇に加えて、食材も高騰していることが理由。チーズなど3種類のトッピングも10~20円値上げする。

  • 定番カレーが値上げに
    定番カレーが値上げに

値上げしないところも

   値上げされるのは、ポークカレーと甘口ポークカレー(いずれも普通サイズ)で、東京23区内と神奈川県の横浜市、川崎市の店舗で現行の463円が484円に。東海3県や九州・山口の各県では442円から463円になる。

   全店舗の9割弱にあたる1067店で値上げとなる。東京都の23区以外、神奈川県の横浜市・川崎市以外、大阪市内にある店は対象外。埼玉、千葉両県の一部店舗も値上げしない。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中