「まいど」に腹立てる人もいる 挨拶の言葉遣い、軽んずなかれ

印刷

   産経新聞によると、神戸市東灘区役所の受付窓口で、市民に「まいど」と声をかけられたことに係長の男性職員(39)が激高し、暴行したとして、2016年11月28日、停職1か月の懲戒処分となったという(11月29日付)。

  • 頭下げて「ご苦労様でした」では……
    頭下げて「ご苦労様でした」では……

親しみ込めた挨拶なのでは?

   神戸市によると、16年8月5日の午後、同区役所を訪れた高齢男性が「まいど」と職員に声をかけ、手招きした。すると、職員は「なんじゃい」「帰れ」と大声で暴言を吐き、受付カウンターの外に出て男性の体を手で押して追い返そうとした。男性にけがはなかったという。同日の夕方、職員は男性に電話で謝罪。市の調査に対しては、「イライラしていた。『まいど』といわれ腹が立った」などと話しているという(同記事)。

   このニュースに対し、ツイッターでは

「関西では親しみを込めた挨拶だけどね。配達に来る馴染みの業者さんとかと普通に『まいど!』って声を掛けるよ」
 「『まいど』って声かけただけで暴行されんやったら、私毎日アザだらけになってまうわマジ。(´・ω・`)」
 「神戸の人にまいど!って言うと暴行うけるのか( ?ω? )ヒエェ」
 「神戸...あほ多いんちゃん!公務員!震災思い出して、仲良くせなあかんでー市民とは!税金一応払っとるよ」

と同情する声が多くあがっていた。なかには、

「民間企業の受付でこれやったら減給どころではない」
 「これで停職や減給がこの程度ね...公務員の罰則って、つくづく甘いと思う」

と「処分が甘い」とする声もあった。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中