公務員、清く正しくありますか 日本は「清潔度」世界20位に

印刷

   文部科学省の天下り事件が発覚、報道では天下り先での「月2回勤務、年収1千万円」という驚きの実態が明らかにされている(朝日新聞2017年2月7日付)。

   額に汗して働く大多数の真面目な国民にとっては憤懣やるかたない話だが、世界的に見れば日本はまだマシなほうじゃないの......。

  • 「これでひとつ、なんとかお願いしますよ……」
    「これでひとつ、なんとかお願いしますよ……」

15位→18位→20位

   汚職や腐敗のない世界を目指すNGO「トランスペアレンシー・インターナショナル」が調べた各国公的部門の「2016年世界の公務員の腐敗度ランキング」によると、日本の「清潔度」は世界176か国中第20位だという。2015年の15位、2016年の18位から、さらにじわりと順位を下げた。

   1位はニュージーランドとデンマーク。3位フィンランド、4位スウェーデン、5位スイス、6位はノルウェー。上位には北欧諸国が目立つ。アメリカは18位、韓国は52位、中国は81位、ロシアは134位となっている。

   最下位はソマリア。北朝鮮は174位だった。

   ランキングでは上位12位までが「とても清廉」、37位までが「清廉」、38位以下は「ほどほど」、78位より下は「腐敗している」、159位以下最下位までは「とても腐敗している」とくくられている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中