「あご紐締めなあかんねんて」 エヴァちゃんや「ぼのぼの」キャラが交通安全呼びかけ 自工会・秋季キャンペーン

印刷

   国内自動車メーカーの業界団体、日本自動車工業会(自工会)は、2015年9月21日から12月31日まで、政府が実施する秋の交通安全運動(9月21日~30日)と連動し、「自工会・2015年秋季交通安全キャンペーン」を実施する。人気アニメ「ぼのぼの」とコラボレーションした動画や、子役のエヴァちゃんをナレーションに起用したラジオCMで、キャンペーンを盛り上げる。高齢者の死亡事故減少や、二輪車ヘルメットの正しい着用を促す取り組みも展開する。

  • 自工会の交通安全キャンペーンでラジオCMのナレーションを行うエヴァちゃん
    自工会の交通安全キャンペーンでラジオCMのナレーションを行うエヴァちゃん
  • 人気アニメ「ぼのぼの」とコラボしたキャンペーン動画
    人気アニメ「ぼのぼの」とコラボしたキャンペーン動画
  • 動画は「早めのライト点灯」や「反射材の着用」を促進する内容
    動画は「早めのライト点灯」や「反射材の着用」を促進する内容

早めのライト点灯、反射板の着用、ヘルメットの正しい被り方など伝える

   「ぼのぼの」とのコラボ動画では、薄暗い道を無灯火の自動車で走るキャラクターたちが、歩行者と衝突しそうになる様子を描き、自動車ドライバーに「早めのライト点灯」、歩行者に「反射材の着用」を促す。公式キャンペーンサイトやYouTube(ユーチューブ)で公開されている。

   人気子役のエヴァちゃんがナレーションを行うラジオCMは、ライト点灯や反射材、バイクのヘルメットの重要性を、おじいさんや母親に話しかけるという設定。関西弁のエヴァちゃんが、「バイクのヘルメットってな、ただかぶっているだけやったら、頭を守る役目じゅうぶん果たさへんらしいわ。もしもの時すぐ取れへんように、あご紐しっかり締めなあかんねんて」といったメッセージを伝える。CMは全国のAMラジオで放送される。

   高齢者事故が多発している地域では、光が当たらなくても約100メートル先から存在が確認できる「自発光式反射材」を1万個以上配布。幼稚園や保育園で児童から祖母・祖父らにプレゼントし、普及につなげる。

   その他、公式キャンペーンサイトではクイズやフォトコンテストなど、年代を問わず交通安全への関心を高める取り組みを展開する。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中