できないこと、やってみちゃう? 遊び心満載の「PS4」テレビCM

印刷

   ソニー・コンピュータエンタテインメントジャパンアジア(SCEJA)は「PlayStation 4」(PS4)のキャンペーン「できないことが、できるって、最高だ。」を展開している。

   PS4のもつ「圧倒的な描画力」は、これまでのゲーム機にない「驚異的な臨場感と没入感」を味わえるという。

  • 「できないことが、できるって、最高だ。」
    「できないことが、できるって、最高だ。」

ミュージカル調で「これはできない~」

   2015年9月16日から放映開始された、テレビCM第1弾は「できないことが、できる」体験を伝えるもの。夢に描いても到底実現できなさそうなシーンを、テンポの良いミュージカル調で描いている。

   CM冒頭では、スーツ姿の会社員がビルから落下。「I can't do this.(これはできない)」と歌いながら地上に近づくと、交差点に置かれたトランポリンへ着地。そのまま跳ね返って、ビジネス街へ消えていく。

   その後も、空きビンに念を送るだけでまっぷたつに割る少年や、超高速で縦列駐車をする女性、素足で海面をすべる男性たちなど、「できないこと」を楽しんでいる人々を紹介する。

   CMを手掛けたクリエイターの小西利行氏によると「できるだけリアルな映像」にしたいとの思いで、トランポリンのシーンなどは、CGや合成を駆使しながらも、実際に飛び跳ねている様子を撮影。ビルから落ちるシーンはわざわざカメラを(ドローンで)落下させるなど、のべ10日に及んだ撮影はこれまでで「もっとも過酷なもの」になったとの事。とことんリアルにこだわり抜いていて、小西氏は「手作り感」とともに「ハッピーな読後感」を追及した作品だと語っている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中