「補聴器&オンラインサポート」を定額で提供 シンガポール発のサービスが日本上陸

印刷

   シンガポールに本社を置く補聴器のグローバルカンパニー nessa(ネッサ)は、ネットワーク端末を介したコンシェルジュサービスと、「きこえ」のライフスタイルを豊かにする付加価値をパッケージ化したサービスを、2016年8月から日本で開始する予定だ。

   補聴器とIoT(Internet of Things=モノのインターネット)の遠隔操作を基盤としたオンラインサポートをセットで提供することで、 "きこえ"にまつわる会員の悩みを解決していく。

  • 世界初リモート聴力測定カプセルチェア「Hearing Egg(ヒアリングエッグ)」
    世界初リモート聴力測定カプセルチェア「Hearing Egg(ヒアリングエッグ)」
  • 「ヒアリングエッグ」の内部
    「ヒアリングエッグ」の内部
  • 16年7月15日にnessa Japan主催のメディア向け説明会が開催された
    16年7月15日にnessa Japan主催のメディア向け説明会が開催された
  • nessaが提供する「ヒアリングエイド(補聴器)」は、Apple社と共同開発して生まれたGNリサウンド社の補聴器を採用している。
    nessaが提供する「ヒアリングエイド(補聴器)」は、Apple社と共同開発して生まれたGNリサウンド社の補聴器を採用している。

補聴器の使用率も満足度も低い日本

   日本補聴器工業会2015年度の調査によると、日本の難聴者は推定で約1430万人いる。これは人口全体の11.3%に相当する。そのうち補聴器使用率は13.5%にすぎない。これは欧米諸国の平均をはるかに下回る。また補聴器使用者の使用満足度はイギリスが70%、フランスが84%あるのに対し、日本は39%にとどまっている。

   以上の結果について、同工業会は公式サイトで次のように分析する。

「補聴器に対する知識が豊富な"認定補聴器技能者"の在籍している店舗が不十分なことに加え、補聴器ユーザーをはじめ、そのご家族や一般の人々に補聴器使用への理解と受容が不足していることを如実に表している」
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中