京急線横浜駅に珍自販機が登場! 限定1200個の「京急ボトル」も販売

印刷

   10月14日は「鉄道の日」だ。1872年の同じ日に新橋駅(かつての汐留貨物駅)と横浜駅(現在のJR桜木町駅)を結ぶ鉄道が開通したことを記念して制定された。

   鉄道の日に合わせて、鉄道各社ではさまざまな催しを行っている。京浜急行電鉄(京急)グループの京急ステーションコマースは、横浜駅上りホーム品川寄りに設置した自動販売機4台に電車ラッピングを施して、2016年10月14日の始発から提供を開始した。

  • 京急線横浜駅に設置された、電車ラッピング自販機
    京急線横浜駅に設置された、電車ラッピング自販機
  • 京急ボトル
    京急ボトル

オリジナルデザインフレーム付き写真も自撮り可能

   ベースとなっているのは、京急電車のシンボルカラーである赤色の「京急新1000 形1800 番台」。さらに、沿線に幸せを運ぶ電車として2014年に運行を開始した黄色の「YELLOW HAPPY TRAIN」と、羽田空港第2旅客ターミナル開業を機会に05年にデビューした青色の「KEIKYU BLUE SKY TRAIN」のラッピングを左右に併設した。

   「YELLOW HAPPY TRAIN」ラッピングの自販機はデジタルサイネージ式で、前面の大型ディスプレイに京急電車の動画を流している。飲料を購入した人は、自販機の内蔵カメラで自撮りして、京急オリジナルデザインフレーム(5種類)付きの写真をLINE(ライン)アプリで受け取ることができる。日本語だけでなく、英語・中国語(簡体字)・韓国語での表記が可能だ。

   さらにオープニングキャンペーンとして、京急オリジナルラベルの樹脂缶「京急ボトル」に、京急オリジナル缶バッジと缶コーヒーを封入した商品を130円で提供する。買えるのは「京急新1000 形1800 番台」の自販機で、1200個限定(3デザイン各400個)。詳細は公式サイトまで。

   この情報を聞きつけた人の中には、早速現地に足を運んでツイートしている人もいる。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中