プロジェクタやオーディオに早変わり、モトローラのSIMフリースマホ

印刷

   モトローラ・モビリティ・ジャパンは、Android 6.0搭載のSIMフリースマートフォン「Moto Z」、「Moto Z Play」を2016年10月中旬以降に家電量販店およびMVNO(仮想移動体通信事業者)各社などで順次発売する。

   いずれも指紋認証による安全かつ迅速なロック解除、急速充電「Turbo Power」、同時待受が可能な「デュアルSIMデュアルスタンバイ」に対応する。

   また、背面に装着できるモジュール式の専用アクセサリー「Moto Mods」に対応。映画鑑賞用「プロジェクター」、大勢で音楽を楽しめる「JBL スピーカー」、光学ズームを備えた「トゥルーズームカメラ」、バッテリー容量を拡張できる「Incipioバッテリー」など、多彩な機能を持つ端末に「トランスフォーム(変化・進化=変進)」できる。

   プレミアムモデルの「Moto Z」は、最薄部5.2ミリのオールメタルボディを採用。5.5型QHD(2560×1440ドット)スーパーAMOLED(アクティブマトリクス式有機EL)ディスプレイを搭載する。メモリーは4GB、内蔵ストレージは64GB。microSD(最大128GB)対応。

   ミドルレンジモデルの「Moto Z Play」は、5.5型フルHD(1920×1080ドット)AMOLEDディスプレイを搭載。動画やゲームを存分に楽しめる3510mAhの大容量バッテリーを備える。

   カラーはいずれもホワイト、ブラックの2色。

  • プロジェクターやJBLスピーカーなど好みに応じてトランスフォーム!
    プロジェクターやJBLスピーカーなど好みに応じてトランスフォーム!
インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中