車内でブルーレイが見られるSDカーナビステーション パナソニックから

印刷

   パナソニックは、SDカーナビステーションの新製品「ストラーダ」(2機種)を2016年10月中旬に発売する。

   耐振・耐熱性に優れた車載専用光ピックアップを採用した自社開発の薄型ブルーレイメカニズムを搭載。過酷な車内環境でも安定したディスク再生が可能。

   「スイテルート案内」は、「VICS WIDE」の渋滞・規制情報の変化に伴うルートの再探索機能に加えて、新旧ルートの比較機能も有し、ドライバーの嗜好にあったきめ細やかなルート決定ができる。

   一時停止や制限速度など道路標識情報を音と表示で知らせる、うっかり防止「安心運転サポート」機能を搭載。旅先など不慣れな土地での安心運転をサポートする。

   高速演算DSP、電源用高音質電解コンデンサ等を新たに搭載。ブルーレイに加えDVDや地デジも、高音質再生が可能。

   音楽CDの最大4.35倍のサンプリング周波数のリニアPCM192kHz/24ビットの高音質ブルーレイオーディオ音源再生に対応。クラシックを中心としたブルーレイオーディオソフトを高音質のまま再生できる。

   オープン価格。

  • CN-RX03WD
    CN-RX03WD
  • CN-RX03D
    CN-RX03D
日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中