漆器の伝統技法「紋紗塗」にヒント得た電波ソーラー時計 カシオ「オシアナス」の最新モデル登場

印刷

   カシオ計算機のGPSハイブリッド電波ソーラーシリーズ「オシアナス」から、ベゼル部分をレーザー加工で仕上げたセラミックベゼルモデル「OCW-G1200-1AJF」、「OCW-G1200-2AJF」が2016年10月に登場した。

OCW-G1200-1AJF(左)OCW-G1200-2AJF(右)
OCW-G1200-1AJF(左)OCW-G1200-2AJF(右)

   オシアナスはGPSハイブリット電波ソーラーを搭載することで衛星、標準の2種類の電波を受信し、世界中のどこにいてもサマータイムまで反映した正確な時間を刻むシリーズ。

   OCW-G1200-1AJF、OCW-G1200-2AJFは漆器の伝統技法「紋紗塗」をイメージし、マットなブラックと光沢のあるブラックをレーザー加工で塗り分けた特徴的なベゼルが印象的なモデル。ベゼルの側面は、オシアナスのブランドカラーであるディープブルーの美しい青が光る。

   耐久性と軽量さを兼ね備えた薄型ムーブメント、工具を使用せずにバンドの調整が可能な三つ折れ式中留、10気圧防水など機能面も充実したハイクラスモデルだ。

   価格はいずれも23万円(税抜)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中