アンプなしでエフェクトかけられるアコースティックギター発売 ヤマハから

印刷

   ヤマハは、アンプを使わずにリバーブなどのエフェクトをギターの生音に付加することができるアコースティックギターの新製品『トランスアコースティック(TM)ギター』の『LL-TA VT』を2016年11月11日に発売する。

   『トランスアコースティック(TM)ギター』は、電気信号を振動に変換してアコースティック楽器と同じ発音方式で響かせるヤマハ独自の技術「TransAcoustic(TM)」を応用した新しいギター。

   最大の特長は、アンプやスピーカーを用いずに、ギター本体だけでエフェクトをかけた演奏ができること。弦などの振動を電気信号に変換してエフェクト処理し、ギター内部に搭載した「加振器」に伝え、ギターのボディを振動させることによってエフェクト音が生まれる。実音とエフェクト音が一体となってギター全体で響くことで、自然で心地よい響きを得ることができる。これにより、ヤマハのエレクトロニクス分野とアコースティック分野のノウハウを掛け合わせた、新しい演奏体験を実現した。

   ギター本体のベースには、高級アコースティックギター「Lシリーズ」の人気モデル「LL16ARE」を使用。豊かな鳴りを生み出すオールソリッドボディのモデルで、「A.R.E.」と呼ばれる、長年弾きこんだギターの木質の状態に近づけるヤマハ独自の技術を表板に施している。

   初年度販売予定数は500台。価格は150,000円(税抜)。

  • 新しい演奏体験を実現
    新しい演奏体験を実現
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中