幕末、海外に飛んだ日本人マジシャン  30以上の奇術の仕掛けがわかる

印刷

   12月3日は日本奇術協会が定めた「奇術の日」。マジックで定番のセリフ「1、2、3!」からこの日に定めたとか...。子どもはもちろん、大人だってワクワクしてしまう奇術・マジック。手品の歴史本から実際にマジックで遊べる本までマジックの世界が広がる3冊をご紹介しよう。

   J-CASTニュースの書籍サイト「BOOKウォッチhttp://www.j-cast.com/bookwatch/)」でも特集記事を公開中。

国内外で活躍のマジシャンを歴史的に検証

『実証・日本の手品史』(著・松山光伸、東京堂出版)
『実証・日本の手品史』(著・松山光伸、東京堂出版)

   日本人自身が知らなかった日本人マジシャンや、芸人が何人も海外で活躍していたという事実、今まで語られていた歴史の誤りなど、さまざまな手品史の事実が検証された著書『実証・日本の手品史』(著・松山光伸、東京堂出版、6480円)。著者は石田天海に魅了されてマジックの世界に入り、奇術界で多数の著書や連載をもつ松山光伸氏。

   第一部では幕末から明治時代初期に海外で活躍した日本人手品師や日本で公演した外国人のマジシャン、第二部では日本手品の総合的な歴史を紹介。「居留地から東京進出の機をうかがった西洋マジシャン達」、「西洋奇術の父とされた松旭斎天一」、「歌舞伎の発祥とともに現れた日向太夫と都伝内」、「外国人が見た最初の水芸」などひとつひとつ丁寧に考察されている。

手品道具がはさまれている

『奇術学―奇術・マジック・手品の科学』(著・テンプラー社、訳・稲葉茂勝、今人舎)
『奇術学―奇術・マジック・手品の科学』(著・テンプラー社、訳・稲葉茂勝、今人舎)

   歴代の奇術師たちの知恵や奇術の歴史をはじめ、30種以上の奇術の仕掛けが解説されている著書『奇術学―奇術・マジック・手品の科学』(著・テンプラー社、訳・稲葉茂勝、今人舎、3024円)。本書は、1915年に謎の失踪をした奇術理論家・アルバート・D・シェーファー氏の秘密の日記が語るという設定で、最後まで読み終えるとシェーファー氏の失踪の理由がわかるという。

   「奇術の歴史」、「視覚の科学第一章」、「カードマジックの秘密」、「消し去り術」、「霊媒」、「読唇術・予言」など。手品道具がはさまれていたり、ページがポップアップするなど、さまざまな仕掛けが満載。

ミステリー作家・奇術師・紋章上絵師-3つの顔を持つ男

『総特集 泡坂妻夫 からくりを愛した男』(著・河出書房新社編集部、河出書房新社)
『総特集 泡坂妻夫 からくりを愛した男』(著・河出書房新社編集部、河出書房新社)

    20歳を過ぎて紋章上絵師の出発点に立ち、アマチュアマジシャンとしても活躍したミステリー作家・泡坂妻夫を特集した『総特集 泡坂妻夫 からくりを愛した男』(著・河出書房新社編集部、河出書房新社、1404円)。「ハートの2」、「クラブの4」、「東洲斎写楽」など、単行本未収録作品を掲載するほか、北村薫氏×法月綸太郎氏、赤川次郎氏×栗本薫氏×泡坂妻夫氏の対談を収録。ほかにも綾辻行人氏、栗本薫氏、近藤史恵氏、ナポレオンズら、名だたるミステリ-作家や現役マジシャンのエッセイを掲載している。全編、泡坂妻夫氏への愛情があふれる1冊。

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中