モス「とびきりハンバーグサンド」新作がやっぱりとびきり! 期間限定が惜しまれる【レビューウォッチ】

印刷

   モスバーガーは2016年11月15日から17年3月下旬までの期間限定で、「とびきりハンバーグサンド<国産ベーコン&チーズ>」を発売した。

   国産の豚・牛合いびき肉100%を使用し、通常のパティとは異なる製造方法でふっくらとジューシーに仕上げた、肉の旨みをしっかり味わえる「とびきりハンバーグサンド」シリーズの新作が登場。冬にぴったりの濃厚な味わいに仕上がっている。

  • ボリュームも大満足
    ボリュームも大満足

食べづらさもとびきり!?

   パティ以外にも、国産の豚肉を使用したベーコン、北海道産の生乳100%で作られたチーズを原料としたオリジナルチーズ、国産のオニオンのソテーと、国産素材をぜいたくに使用。ビーフの旨みをベースに「ソフリット」(香味のある野菜を炒めたもの)などを合わせて長時間煮込み、赤ワインや赤ワインビネガー、トマトペースト、ブラックペッパーなどを加えたデミグラスソースで仕上げた一品だ。

   人気シリーズの新作ということで、注文者が続出している模様。ツイッターでは、

「口に入れるとまずベーコンとチーズの豊潤な香りが広がってくる 香りが口いっぱいに広がった後、ベーコンの肉汁、パティの肉汁、チーズのとろとろ、デミグラスソースが絡み合って口の中に広がる 540円で味わえる贅沢」
「ベーコンが肉厚でしっかりしてる、ソースが濃厚、肉の割合が多くなったけどくどさが無い、と文句なしのサンドでした」
「カリカリなベーコンと玉ねぎの入ったこってりなソースのおかげで、旨味と塩味が濃厚、めちゃめちゃ美味しいです。期間限定と言わずこのまま普通にメニュー入りしてほしい...」
「モスのとびきりハンバーグサンドのベーコンチーズは危険。油断してると軽く2つはぺろりだ。美味すぎる」

などなど、大絶賛の嵐。名前に違わぬ「とびきり」な美味しさのようだ。

   一方、モスバーガーといえば「食べているうちに中身がこぼれてしまう」ことでもおなじみ。今作はいつも以上の難易度のようで、

「ひとつ残念なのが上手に綺麗に食えないこと......ソースも残らず食べたいくらい美味い」
「とってもとびきりだったけどとびきり食べ難かった」

など、美味しさゆえにきれいに食べられないのが悔しい、との声が上がった。

   価格は単品540円(税込)。

日産

   購入者の約8割が「e-POWER」 いったいなぜ? 続きを読む

PR 2016/12/26

インヴァスト証券

   振り返れば、2016年の外国為替相場は6月のEU残留か離脱かを決める英国民投票や、11月の米大統領選など大荒れ。外国為替証拠金(FX)取引で大きな損失を出した投資家も多かった。FXは、専門家ですら為替相場を見誤ることがある、ハイリスク・ハイリターンの投資商品だ。いま、そんなFXでも、初心者がはじめやすいと評判なのが......続きを読む

PR 2016/12/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
Slownetのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中