ジミー大西「暴走」に松本人志タジタジ 「ダルクから出てきたばかりなので、すみません」

印刷

   Amazonは2016年11月30日、Amazonプライム・ビデオで新作バラエティのシリーズ「HITOSHI MATSUMOTO Presentsドキュメンタル」の配信を開始した。全4話構成で、毎週水曜日に1話ずつ更新される。何度でも見放題のサービスであり、Amazonプライム会員はAmazonの各種デバイスや、Amazonビデオの無料アプリを利用してAndroid/iOS端末などで視聴できる。

   このシリーズでは、10人の芸人が6時間、密室に閉じこもって互いを笑わせ合うという「サバイバル」ゲームが繰り広げられる。参加費は1人100万円だが、最後まで笑うのを我慢した1人は賞金1000万円を獲得できる。

   都内で11月30日、行われた発表イベントには、監修役の「ダウンタウン」松本人志さんや、参加者のジミー大西さん、宮川大輔さん、「FUJIWARA」藤本敏史さんらが出席した。松本さんは同作の企画意図を聞かれると、「お笑いの形はいっぱいあるけど、密室芸は今までなかったなと思った」と語った。

  • ダウンタウンの松本人志さん(写真は2016年11月30日撮影)
    ダウンタウンの松本人志さん(写真は2016年11月30日撮影)
  • ジミー大西さん(写真は2016年11月30日撮影)
    ジミー大西さん(写真は2016年11月30日撮影)

ジミー「おまけにエロサイトで40万円請求された」

   Amazonプライム・ビデオ・コンテンツ事業本部長のジェームズ・ファレル氏は

「わが社が日本でプライムビデオのサービスを始めてから1年が経った。これまで何千もの映画、テレビ番組、アニメ、オリジナルシリーズを配信しており、これまでのオリジナルシリーズでは、いつもユニークなものを作ろうとしていた。だが今作は、絶対に皆さんのお気に入りになると確信している」

と語った。

   参加する芸人はジミー大西さん、宮川大輔さん、「FUJIWARA」藤本敏史さん、「野生爆弾」くっきーさん、「東京ダイナマイト」ハチミツ二郎さん、「とろサーモン」久保田和靖さん、「トレンディエンジェル」斎藤司さん、「マテンロウ」アントニーさん、「天竺鼠」川原克己さん、「ダイノジ」大地洋輔さんの10人。

   ジミー大西さんはマイクを手渡されると、

「100万円出してチャレンジしたけど、おまけにエロサイトを見て40万円請求された」

と語ったり、出演した感想を「損はしました」と話したりするなど、珍プレーのオンパレード。松本さんは

「急に(薬物更生施設の)ダルクから出てきたばかりなので、すみません」

と補足し、会場中が爆笑していた。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中