5軸方向で手ブレを補正 ソニーのハンディカム「HDR-PJ680」

印刷

   ソニーは2017年1月20日、デジタルHDビデオカメラレコーダー「HDR-PJ680」を発売する。従来の光学式手ブレ補正機能搭載モデルのスタンダードモード時の手ブレ補正角度との比較で、ワイド撮影時に約15倍ブレない安定した映像を実現した。

   ハンディカムの愛称で知られるソニーのビデオカメラは、強力な手ブレ補正機能を備えている。レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つ。本商品は「インテリジェントアクティブモード」を新たに搭載し、5軸方向で手ブレを補正する。

  • ソニーの「HDR-PJ680」
    ソニーの「HDR-PJ680」

撮影者と被写体が一緒に動いて撮影するときに活躍

   「HDR-PJ680」は、家族との思い出を映像に残すのに重宝する1台だ。レンズの画角は最大広角26.8mm。狭い室内で被写体との距離がとれない環境や、運動会や発表会で横に広く全景を撮りたいときに活躍する。レンズユニット内部にはゴミや塵(ちり)などの侵入を防ぐ「ホコリ侵入ストッパー」を搭載し、レンズへの付着を防ぐ。

   光学30倍ズームに加えて、60倍の「全画素超解像ズーム」機能を搭載。裏面照射型CMOSイメージセンサー「Exmor R」と独自の高速画像処理エンジン「BIONZ X」により、高解像度と高感度・低ノイズを両立している。

   レンズの下部にあるマイクロホンはズームに連動して音声レベルも変化する。ドルビーデジタル5.1chのサラウンド記録ができるので、対応機器で再生すれば、臨場感あふれる音声がよみがえる。さらに風の音を自動的に抑える「自動風ノイズ低減」、撮影者の声を抑える「マイボイスキャンセリング」といった機能も備えている。撮影後の再生時に「あちゃ~、変な音が入っちゃってた...」とガッカリすることは確実に減るはず。

   ビデオカメラだけでなくプロジェクターとしても機能する。液晶モニター部の側面中央部にプロジェクターレンズが付いており、壁に映像を投影することが可能。

【主なスペック】
◇イメージセンサー...1/5.8型 Exmor R CMOSセンサー
◇総画素数...251万画素
◇記録画素数...静止画時最大920万画素相当
◇有効画素数...動画時229万画素(画面比率16:9)、静止画時229万画素(同16:9)、171万画素(同4:3)
◇最短撮影距離...約1cm(ワイド端)、約80cm(テレ端)
◇内蔵記録メディア容量...64GB
◇プロジェクターの明るさ...最大25ルーメン
◇プロジェクターの投影距離...約0.5m以上
◇付属バッテリーの満充電時間...約2時間45分
◇本体質量...約325g

   カラーはホワイトとブロンズブラウンの2色展開。価格はオープンだが、ソニーストアの販売価格は7万9800円(税別)。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中