最強の「スゴイカタイアイス」はコレだ! 「スプーンを受け入れるまでの時間」ランキング

印刷

   「シンカンセンスゴイカタイアイス」と呼ばれるアイスクリームを知っているだろうか。新幹線で車内販売されている、スジャータ めいらくグループの「スーパープレミアムアイスクリーム」を指す言葉だが、買ってすぐに食べようとするとあまりにも固く、スプーンが刺さらなかったり折れてしまったりすることから、一部でそう呼ばれ親しまれている。

   そんな「シンカンセンスゴイカタイアイス」に匹敵しそうな固さのアイスクリームが話題になっている。超有名チョコレートメーカー「GODIVA(ゴディバ)」のカップアイスだ。

  • 開封直後のゴディバのアイス。全然スプーンが入っていかない
    開封直後のゴディバのアイス。全然スプーンが入っていかない
  • 開封直後のハーゲンダッツ
    開封直後のハーゲンダッツ
  • 開封直後のGRAN
    開封直後のGRAN
  • 開封直後の金のバニラアイス。最も深くスプーンが刺さった
    開封直後の金のバニラアイス。最も深くスプーンが刺さった
  • 「スゴイカタイアイス」1位に輝いたハーゲンダッツ
    「スゴイカタイアイス」1位に輝いたハーゲンダッツ
  • (左から)金のバニラアイス、GRANは同着
    (左から)金のバニラアイス、GRANは同着
  • 5分半経過したゴディバのアイス
    5分半経過したゴディバのアイス

シルバーのスプーンも折る威力

   ゴディバのカップアイスは、「ミルク チョコレートチップ」や「クラシック ミルクチョコレート」など全10種類で、価格は1個432円(税込)。ゴディバの店舗やオンラインショップで購入できるほか、セブン-イレブンでも数種類販売されている。

   そんなゴディバのアイスが、このところツイッターを中心に「めちゃくちゃ固い」と話題に。木のスプーンにシルバーのスプーンまで、すくおうとして柄が折れてしまった写真が投稿されているほか、

「ゴディバのアイスくっそかたいよな」
「ゴディバのアイス美味しいけどほんと...ほんと固いから......」
「ゴディバアイスは叔母から何年か御中元でいただいてたけど、確かにうまいがかたい」

といった声が寄せられている。

   固いアイスといえば、冒頭で紹介した「シンカンセンスゴイカタイアイス」はもちろん、「ハーゲンダッツ」もよく名前が挙がる。「シンカンセン~」は入手が難しいが、買い求めやすいアイスで最も「カタイアイス」は一体どれなのだろうか?

   アイスは乳固形分、乳脂肪分の含有割合が高い順に「アイスクリーム」「アイスミルク」「ラクトアイス」「氷菓」と種類が分けられるが、固いと話題のものはいずれも「アイスクリーム」だ。ということで、市販のアイスクリームを購入し、比べてみることにした。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中