テネリフェ柴崎深刻!不安障害の疑いとクラブ公式サイト

印刷

   Jリーグ鹿島からスペイン2部のテネリフェに加入したMF柴崎岳(24)に「不安障害」の可能性があることが分かった。テネリフェの公式サイトが2017年2月13日(現地時間)、発表した。

   柴崎は2月2週目、胃腸炎を患ってトレーニングを欠席したばかりか、チームメートとのコミュニケーションも図れず、6キロやせたと地元メディアに報じられていた。

  • テネリフェの公式サイトより
    テネリフェの公式サイトより

日本に帰国を希望との情報も

「柴崎選手は不安障害に陥っている可能性があり、専門医の診察を受けることになった」

と公式サイト。

   胃腸炎の腹痛に悩まされ、練習に参加したのは1度だけ。地元メディア「ラジオ・マルカ」では、早くも日本への帰国を希望していると伝えられている。

   代理人のマネル・フェレール氏とロベルト佃氏、日本協会の津村尚樹氏は13日、現地入り。柴崎とクラブ関係者で話し合いの場を持ったと報じられている。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中