ケイ・オプティコムの新サービス「+SIM」 第1弾は日経電子版とコラボ

印刷

   関西電力系の通信事業者でMVNO「mineo」(マイネオ)を展開するケイ・オプティコムは2017年2月16日、新しいブランド「+SIM(プラスシム)」をスタートすると発表した。デジタルコンテンツとLTEデータ通信をパック販売するサービスで、第1弾として「日経電子版」と格安SIMを組み合わせた「日経電子版+SIM」を3月1日から販売する。

ケイ・オプティコムが3月1日から販売をスタートする「日経電子版+SIM」
ケイ・オプティコムが3月1日から販売をスタートする「日経電子版+SIM」

1か月当たり約500円もお得!

   「日経電子版+SIM」は、日経電子版の購読料とLTEデータ通信をパッケージにすることで、電子版と通信を別々で契約するよりも割安な料金で提供する。

   例えば、日経電子版と大手キャリアのLTEデータ通信5GBを別々に契約すると、だいたい9000円(税抜、以下同)の費用が毎月必要となる。一方の「日経電子版+SIM」は、LTEデータ通信のみの「シングルタイプ」(5GB)に日経電子版の有料会員契約(月額3889円)をパッケージして、月額料金が4946円。

   「日経電子版」のログインに必要なIDは日本経済新聞が発行する。コンテンツの提供者はあくまで同紙であり、「+SIM」を挿したデバイスでないと「日経電子版」が読めないということはない。商品などの代金を合算で支払う「携帯キャリア決済」のようなもの――とイメージすればいいだろう。

「日経電子版+SIM」の月額料金イメージ
「日経電子版+SIM」の月額料金イメージ

   ケイ・オプティコムのmineoと比較しても安い。ドコモプラン(Dプラン)のシングルタイプ(5GB)は月額料金1580円。これに日経電子版の月額料金3889円を足すと5469円。「日経電子版+SIM」との差額は523円だ。

   「シングルタイプ」(5GB)+日経電子版のほか、以下のコースが用意されている。

「日経電子版+SIM」の全コース
「日経電子版+SIM」の全コース

   このサービスはドコモネットワーク(Dプラン)対応SIMカード限定。auプラン(Aプラン)は対応しない。また「日経電子版+SIM」で契約できるのは1契約者1回線のみ。申し込みは3月1日に開設される専用ページのみ受け付け、店舗では販売しない。

   今回の新ブランド開始を記念して、ケイ・オプティコムでは3月1日から4月27日まで、期間中に「日経電子版+SIM」を新規で申し込んだ場合、契約事務手数料3000円を無料にする「日経電子版+SIMスタートキャンペーン」を行う。詳細は同社公式サイトまで。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中