イチロー、けがの具合は「めっちゃ痛い」 
2、3日は様子見の見通し

印刷

   【スポメディア・ウォッチ】

   米大リーグ・マーリンズのイチロー外野手(43)は2017年2月22日(日本時間は同日深夜)、前日の練習で他選手と交錯し負傷した影響で、全体練習に参加せず別メニューで調整した。デイリースポーツ23日付が伝えた。

   患部の状態を問われると、「めっちゃ痛いです」と話したという。

  • マーリンズの公式サイトもトップニュースでイチローの動静を伝える。
    マーリンズの公式サイトもトップニュースでイチローの動静を伝える。

この日もユニークTシャツで登場

   イチローは21日、守備練習中にバーンズ外野手(30)と交錯し、右脚と腰にけがを負った。相手のひざが直撃した右脚の腫れは、1日経っても引いておらず、イチローはぎこちない足取りで「めっちゃ痛いです」。

   だが心配なのは、衝撃を受けた腰の方だ。「ここ(右脚)は打撲だけなのでやろうと思えばできますけど、腰はね、ちょっと心配なんで。2、3日は様子見が続くと思います」。

   イチローのTシャツは度々、ユニークな文言で話題となるが、この日は「人の金で焼き肉が食べたい」だった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中