ペーパードリップの開祖「メリタ」、コーヒーメーカーをリニューアル

印刷

   コーヒー器具メーカーのメリタジャパンは2017年3月1日、10杯分のコーヒーが一度に淹(い)れられるコーヒーメーカー「イージートップサーモ LKT-1001」を発売した。価格は1万7000円。

  • 「イージートップサーモ LKT-1001」
    「イージートップサーモ LKT-1001」

「切り忘れ防止機能」「しずく漏れ機能」付き

   「イージートップサーモ」は、ロングセラーの「アロマサーモ 10カップ」をリニューアルした製品だ。大きな改良点は保温ポットのフタで、ひねって開閉する形からワンタッチオープンに変更した。保温ポットを手入れしたいときや、アイスコーヒーを作るため保温ポットに氷を入れたいとき、フタの開閉がよりスムーズに行えるようになった。

   保温ポットのステンレス製真空二重構造はそのままで、いつでもフレッシュな味をキープする。注ぐときにコーヒーがポットに残りにくい70mm口径も踏襲されている。

   20世紀初頭にドイツで創業したメリタは、1つ穴のフィルターとフィルターペーパーを組み合わせる方式を開発した、コーヒーマニアで知らない人はいない老舗企業だ。「イージートップサーモ」においても1つ穴方式は守られており、誰でも簡単においしいコーヒーが淹れられる。

   サイズは幅180×奥行235×高さ345(mm)、重量は1.7kg。電源スイッチをオンにしてから15分でオフになる「切り忘れ防止機能」や「しずく漏れ機能」付き。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中