「WBC」原監督じゃ頼りないのか? 「後は任せなきゃ」

印刷

   <テレビウォッチ>ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の日本代表監督の最終候補に巨人の原監督が決まった。

予選通過しなかったら…

   絵に描いたようなコミッショナーの優柔不断ぶり、取り巻く関係者の難渋、混迷、そして遁走劇……を取り上げた。

   北京五輪の前からWBC監督は、既定路線として星野前WBC監督の名があがっていた。

   が、北京五輪の無残な負けでモーレツな逆風に。星野監督自身「火中のクリを拾うつもりはない」と、固辞したことから難渋が始まった。

   渡辺巨人会長が「土下座してでも王さんに頼むしかない」と発言したものの、引き受けるつもりのない王前ホークス監督は渡辺発言をかわす狙いだったのか「現役監督含めて人選」と。

   ここで再び流れは火中の人・星野へ。しかし、マリナーズのイチローが「北京五輪のリベンジでは選手の足並みは揃わない」と、星野前監督への流れに異議を唱え、混迷状態に。

   やむを得ず王前監督は「一番文句が出ないのは日本一の監督」と、現役監督からの人選を提唱したのだが……。

   日本一が決まる前に、可能性ある西武の渡辺監督が「ノムさんもいれば落合さんもいる」と。これを受けて落合監督は「ノムさんが一番いい」。では野村監督は「イチローがやればいい」と、いずれも遁走の構え。

   結局、ババを引く羽目?になったのが原監督だった。

   ニューズウイーク日本語版編集長の竹田圭吾が「原さんが適任かどうか以前の問題と思う。コミッショナーのところにあれだけ集まっても当事者能力を果たせない」。

   さらに「原さんに決めた後も(コミッショナーは)『王さんに寄り添って、12球団全員で……』と言っている。原さんでは頼りないと言っているようなもの。決めた後は任せなきゃ」と。

   キャスターの小倉が留めの一言。「気楽にいけばいいのにね~。予選通過しなかったらどうなっちゃうの~」。

文   モンブラン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中