モーニングバード!

「お子さんの甲状腺機能に変化」伝えられた母親「目の前真っ暗に」

2011/10/ 5 12:03

   福島の子供たちから甲状腺の変化が見つかった。「ニュースアップ」コーナーでその詳細を伝えた。小松靖アナウンサーによると、「生後6か月から16歳までのお子さん130人の検査をしたところ、10人から甲状腺に変化が起きていることがわかりました」という。

福島から避難の130人検査

   検査をしたのは長野県松本市のNPO法人「日本チェルノブイリ連帯基金(JCF)」と信州大学付属病院。今年夏(2011年)に福島から避難して茅野市に滞在していた子どもたちのうち、希望者を対象に健康調査行ったところ、10人の子供の甲状腺機能に変化がみられたという。

チェルノブイリでも子どもが
「このうち、1人が甲状腺ホルモンの基準値を下回り、7人に甲状腺刺激ホルモンが基準値を上回っていました。甲状腺機能低下症と診断されたお子さんはいませんでしたが、いずれも経過観察が必要と診断されました。ほかに、2人のお子さんにサイログロブリンという甲状腺がんを発症した時の目安になる血中濃度が基準値をやや上回っていたそうです」

と小松は伝える。

   司会の羽鳥慎一は話を継いでこう言う。

「旧ソ連のチェルノブイリ原発事故でも、事故から数年後に子供たちの甲状腺がんが急増したということですから、やはり福島の事故が何らかの影響を与えているのでしょう」

「経過を見守るしかないと…」

   経過観察が必要といわれた母親が電話インタビューに応じた。母親は「大学病院から連絡をもらったときには目の前が真っ暗になりました。その後、専門の先生に診察してもらったが経過を見守るしかないと言われました」と言葉を詰まらせる。

   コメンテーターの東ちづる(女優)「子供たちは原発を選べなかった。こんな理不尽な話があっていいのか」

   福島県では今後約3年をかけて、県内の18歳以下の子供たち36万人の甲状腺検査をするという。子どもや親の心配を考えたら、国に協力させて3年もかけずにもっと早くやるべきではないのか。

文  ナオジン | 似顔絵 池田マコト

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

美味しい鍋を囲んで成功企業の事例を見る・・・なんだかおもしろそう!

ピックアップ'

ミニッツで行く、1万年を超える復元の旅

不思議と驚きに満ちた聖書の世界。今、行けます。考古学者がガイドします。

ミニッツシンキング

想像してみて下さい、景色の良いゴルフコースで、自分と息子と孫で楽しんでいる姿を・・・

アルフレッド・バニスターのモード靴なども大幅プライスダウン。

おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ