あさイチ NHK朝採り情報

「ふるさと納税」で各地の特産品ゲット!寄付のお礼に自治体がプレゼント

2013/11/19 14:51
印刷

   2008年にスタートしたころに比べて最近は話題になることが少ない「ふるさと納税」が、実は大変お得なことになっているらしい。各自治体が獲得競争に力を入れ、寄付してくれた人に地元の特産品などどっさり送ってくれるのだ。寄付は所得税や地方税に控除対象となるから、ほとんど負担はなく各地の美味しいものを楽しむことができる。

カニ、ステーキ肉、お米、お酒、宿泊券…

   ふるさと納税をするとどんなものが送られてくるかというと―。肉、魚介、野菜、米、加工食品、酒、米、くだものなどの食料品はもちろん、アクセサリーや化粧品、地元イベントや観光地のチケットや宿泊券など、まあ、なんでもあって、しかも好きなものをチョイスすることができる。たとえば、1万~3万円を鳥取県に寄付をすると松葉ガニの大きいのが1杯、宮崎県ならステーキ肉2枚、北海道むかわ市なら無添加ソーセージ、佐賀県なら真鯛…といったものが選べるのだ。地方自治体が,全体の半分以上になっているからだ。

   都内に住む按田さんはこの制度を利用して、今年も10自治体に寄付をした。冷蔵庫の中は地方から贈られてきた特産品がいっぱい。「これは静岡の磐田市から贈られてきたウナギのかば焼きの冷凍品。こっちは北海道浦幌町からのジンギスカンとソーセージの詰め合わせ、岡山の津山市からはたこ焼き器をいただきました。地元にメーカーがあるそうなんです。

   ある市長さんからはお礼の手紙もいただきました。税金を払ってお礼を言われたことなかったので、感激しました」

所得税・地方税が安くなる控除対象

   ふるさと納税はゆかりがなくても全国どこの自治体にも寄付することができる。では、どのくらい税金が控除されるのか。「年収500万円で夫婦二人暮らしの家庭ですと、ある自治体に3万6000円の寄付すると3万4000円が所得税や地方税から控除されます。実質負担は2000円になりますが、2000円でカニやお肉を送ってもらえるわけです」(三輪秀香アナ)

   特産品が欲しくて寄付するというのもなにか変な感じもするが、自治体は助かるし、美味しいものを食べたりできるなら両方にメリットがある。各自治体がどんな特産品を用意しているかは「ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス」で調べることができる。

(磯G)

印刷
週末は海、平日は座って通勤 憧れの暮らしは案外簡単に手に入る

    平日は東京駅まで座って通勤。中古なら400万円台で家が買える。都心でマンションを買うより、もしかす... 続きを読む

PR 2014/12/18

同じ「時期」に、同じ「店」で、同じ「スーツ」買ったのに、なぜ?

    買い物でこれだけ差がでるとは驚きだ。たとえば、スーツや靴がセール価格からさらに... 続きを読む

PR 2014/12/17

おすすめワード

今旬ワード

スポンサードリンク

がんばろう日本
がんばろう日本
がんばろう日本 詳しくはこちら

他の言語

注目情報

宿泊券、ブランド時計当たる豪華「福袋」プレゼントも実施

TBM冬セール

数分で読める、わかる、鎌倉女子大学のwebミニ講座。これが無料?!

ミニッツシンキング

その見た目からは想像できない、ガツンとくる衝撃の辛さと、野菜の甘み・・・

ザス・インターナショナル
おすすめワード

【スポンサードリンク】

関連サイト

セール、クーポンから新商品情報まで、その日に使える掘り出しもの情報満載!

東京バーゲンマニア

都道府県を自動判別する日本初の地域ポータルサイト

Jタウンネット
このページのトップへ
ニュース
トピックス
特集
ひと登場
メディア
経済
ファイナンス
社会
IT
エンタメ
コアラのマーチの天気予報
ワイドショー
てれび見朱蘭
チャンネルGメン
太田総理
エイガ探偵団
おかわり!王様
Eたび
NHK注目
動画探偵社
TVトピックス
「嵐」注意報
深読み週刊誌
ブログウォッチ
深夜テレビ
放送作家日記
ドラマが好き
プロフェッショナル
クローズアップ
海外セレブ
あなたは何派? TVワンクリック
特番
あなたはどっち?アンケート
映画365日
テレビ業界
細木数子
甲子園
記事一覧
グルメ
乗り物
IT・ガジェット
携帯電話
家電
エンタメ
コスメ・健康
ファッション
イベント
トラベル
ライフ
コラム
カス丸
その他
1クリック投票
新着記事
トラブル
社内結婚
ハケン
サイト拝見
新書ちょっと
クラウド
悩み相談
特集
トピックス
29歳の君へ
できるヤツ
世界一蹴
ITとほほ
非サラリーマン
外資系で働く
転職日記
フリーランス
脱メタボ
債権回収OL
アニメ制作
J-CASTニュースについて
編集長からの手紙
創刊のご挨拶
J-CAST ニュースについて
お問い合わせ