「ふるさと納税」で各地の特産品ゲット!寄付のお礼に自治体がプレゼント

印刷

   2008年にスタートしたころに比べて最近は話題になることが少ない「ふるさと納税」が、実は大変お得なことになっているらしい。各自治体が獲得競争に力を入れ、寄付してくれた人に地元の特産品などどっさり送ってくれるのだ。寄付は所得税や地方税に控除対象となるから、ほとんど負担はなく各地の美味しいものを楽しむことができる。

カニ、ステーキ肉、お米、お酒、宿泊券…

   ふるさと納税をするとどんなものが送られてくるかというと―。肉、魚介、野菜、米、加工食品、酒、米、くだものなどの食料品はもちろん、アクセサリーや化粧品、地元イベントや観光地のチケットや宿泊券など、まあ、なんでもあって、しかも好きなものをチョイスすることができる。たとえば、1万~3万円を鳥取県に寄付をすると松葉ガニの大きいのが1杯、宮崎県ならステーキ肉2枚、北海道むかわ市なら無添加ソーセージ、佐賀県なら真鯛…といったものが選べるのだ。地方自治体が,全体の半分以上になっているからだ。

   都内に住む按田さんはこの制度を利用して、今年も10自治体に寄付をした。冷蔵庫の中は地方から贈られてきた特産品がいっぱい。「これは静岡の磐田市から贈られてきたウナギのかば焼きの冷凍品。こっちは北海道浦幌町からのジンギスカンとソーセージの詰め合わせ、岡山の津山市からはたこ焼き器をいただきました。地元にメーカーがあるそうなんです。

   ある市長さんからはお礼の手紙もいただきました。税金を払ってお礼を言われたことなかったので、感激しました」

所得税・地方税が安くなる控除対象

   ふるさと納税はゆかりがなくても全国どこの自治体にも寄付することができる。では、どのくらい税金が控除されるのか。「年収500万円で夫婦二人暮らしの家庭ですと、ある自治体に3万6000円の寄付すると3万4000円が所得税や地方税から控除されます。実質負担は2000円になりますが、2000円でカニやお肉を送ってもらえるわけです」(三輪秀香アナ)

   特産品が欲しくて寄付するというのもなにか変な感じもするが、自治体は助かるし、美味しいものを食べたりできるなら両方にメリットがある。各自治体がどんな特産品を用意しているかは「ふるさと納税ポータルサイト ふるさとチョイス」で調べることができる。

(磯G)

インヴァスト証券

   「投資」は山あり谷あり。常に勝てるわけではないことはわかっていても、「負け」が込んでくれば、やめてしまう人も多い。そうしたなか、インヴァスト証券で実際に取引をしている個人投資家に「取引を続けるコツ」を聞いた。続きを読む

PR 2016/8/16

エージェント次第で、活躍の場は世界に広がる

   エグゼクティブクラスの求人はほぼ公表されない。しかし、優秀な人材を発掘し、活躍の場を広げてくれるエージェントは実在する。年収が400万円アップし...続きを読む

PR 2016/08/19

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

あなたの会社でも働きます「カス丸」お仕事募集中

「J-CASTニュース」10周年記念企画

日本神話、源氏物語から阿久悠、AKB、仕事、家庭まで。文化と社会の中には常に女性の姿があった!

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中