アマゾン「空から宅配便」2015年サービス開始!無人の小型配達ヘリコプターでお届け

印刷

   米国アマゾンが開発中の空中配送システム「amazon Prime Air」の動画がYouTube(ユーチューブ)で公開され、爆発的な再生数を記録している。まるで玩具のように見える小型のヘリコプターのような自動飛行物体が荷物の入った箱をぶら下げ、アマゾンの配送拠点から飛び立ち、空を飛んで、お客のところに届けるという動画だ。

   無人の機械から最終的に荷物を受けとる方法が気になるところだが、動画によれば、アマゾンの配送機は家のチャイムを鳴らしてくれるほどには気はきいていない。配送先の1軒家の庭先で荷物を切り離し、そのまま置いて、再び飛び立っていく。

「玄関先に置いて行かれてもなあ…」「盗まれないの?」

   それにしても、これは実現性のある話なのだろうか。動画を見た人のなかには、「フェイク(偽物)映像だ」「なんだ、エイプリルフールか」と、いささかSFじみていると受け取った向きもあるようだ。

   しかし、アマゾンによれば、プライムエアーは技術的に実現可能で、航空規制の関係をクリアできる見込みの2015年にはサービスを開始する予定だという。将来的には、道路で配送トラックを見かけるように、アマゾンの配送機が空を飛んでいるのが見られるようになるという。

   動画には日本語のコメントも多く寄せられているが、「荷物を外に置いていかれても困る」「盗まれたらどうするのか」など荷物を心配する声が目立った。

ボンド柳生

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中