女子フィギュア「ソチ金メダル」危うし!ロシアのリプニツカヤ15歳世界最高得点

印刷

   「朝ズバッ!」および専門家による先頃の予想では、来たるソチ五輪において我が日本勢は大躍進を遂げる見込みだ。なかでもフィギュアスケートといえば、日本の層の厚さは世界最高で、金獲得のテッパン種目のはずである。

   だが、ここへ来て、風向きが少々アヤしくなってきたのかもしれない。日本時間の18日(2014年1月)に行われたフィギュア女子のヨーロッパ選手権にて、ロシアの新鋭、15歳のユリア・リプニツカヤ選手が今季世界最高得点を記録して優勝したんである。さらには、やはりロシアの17歳、アデリナ・ソトニコワ選手も2位に入ったという。

10代の有力選手ずらり並べたロシア脅威

   そんなこんなで、ロシアには10代の有力、有望な選手が勢ぞろいしていることがあらためて注目の的となり、「ロシア勢がスゴい」「地元のロシア勢がやはり日本にとって脅威となりそうです」(小林悠アナ)などと、にわかにロシア脅威論が高まった。

文   ボンド柳生
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中