うがい薬カバ対決!明治「カバくん」VS塩野義製薬「イソジン」新キャラ

印刷

   うがい薬の「イソジン」ブランドの販売が塩野義へ移るのに伴い、「カバ対決」が勃発するかもしれないという朝日新聞記事を紹介した。イソジンはアメリカ系の製薬会社ムンディファーマが開発した成分を使う医療品の国内ブランド名で、これまでは明治が販売権を持っていた。その権利が来年(2016年)4月からは塩野義製薬が「イソジン」を売ることになった。

   明治は「明治うがい薬」を発売するが、イソジンに描かれているキャラクターのカバくんは明治に残留する。一方の塩野義もカバを使った新しいキャラをイソジンに登場させる予定だ。

来年4月から新カバ登場

   山本匠晃アナ「(イソジンは)カバというイメージがあるので、(塩野義も)私たちもカバをつくりますと・・・」

   龍崎孝(TBS解説委員)「商標問題は訴訟なんかになることもありますが、そういうことのないようにカバ対決してほしいですね」

   山本「どんなカバになるんでしょうかね」

   龍崎「(いまのカバの)左右、逆(反転)、じゃないですよねえ」

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中