厚切りジェイソン「賞金100万円とったら、若者に全額託す」 ワタナベお笑いNo.1決定戦

印刷

   お笑い芸人の厚切りジェイソン(29)は12月11日(2015年)、コンテスト「ワタナベお笑いNo.1決定戦」で自分が優勝したら、賞金の100万円全額を若者に譲渡するとツイッターで表明した。「優勝したら賞金100万円を全額、日本をよりグローバルで活躍するように進化させたい若者に差し上げます」

   コンテストはワタナベエンターテインメントに所属するジェイソンのほか、ロッチ、我が家、クマムシなど233組433人の芸人が出場する。ジェイソンはシード枠で、約20組に絞られた準決勝から出場する。優勝が決まるのは2月4日(2016年)。

   IT企業役員としての顔も持つジェイソンは、ツイッター上でユーザーから仕事の悩み相談を受けている。「成功の形をこだわり過ぎない。恵まれた機会を一つ一つ大事にし、可能性を否定せずに現状の最善を常に追いかける」などと啓発し、人気を集めている。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中