高橋真麻「二の腕にあざ。DV彼氏?いえいえ、酔って転んだ」

印刷

   フリーアナウンサーの高橋真麻(34)は12月21日(2015年)、腕にできたあざの写真を公開した。「腕に出来たアザ メイクさんに消してもらいました」と、同じアングルで撮ったメイク前後の写真をアップ。二の腕にあったあざが見えなくなっている。

   原因は本人によると「DV彼氏が出来たわけでは無く笑 酔って転んだのでした」。「気を付けないと」と結んでいる。

   「大丈夫でよかったですけど、気をつけて」と心配するコメントが多く寄せられた。「DV彼氏」という表現には「ジョークで良かった!」と安堵する声があった。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中