五郎丸歩「日本ラグビー弱いと思ってる豪州にひと泡吹かせる」来年2月からトップリーグ

印刷

   Merry Cristmas! 私はクリスマスが好きだから、この原稿もクリスマスソングを聴きながら書いている。クリスマスが来ると1年もあとわずか。毎年、大晦日は立川談志の「芝浜」を聞きながら年越しをする。

   今年は週刊誌にとっていい年ではなかった。週刊誌発のスクープは「『下着ドロボー』が『大臣閣下』にご出世で『高木毅復興相』の資質」(『週刊新潮』10/22号)と「1回2万円『未成年買春』相手が告白『武藤貴也議員は議員宿舎で僕19歳を奴隷にした』」(『週刊文春』9/3号)が思い浮かぶぐらいで、目立った大物芸能人のスキャンダルはなかった。

   業界的な話題は、元少年Aの手記を出した出版社がバッシングを受けたことと、春画のグラビアを掲載して週刊文春の編集長が3か月の休養を命じられたことか。

   話題といえば、今年はラグビーの五郎丸歩が日本中を沸かせてくれた。アメリカの雑誌『TIME』は毎年「今年の顔」を載せているが、週刊現代や週刊ポストは五郎丸の顔を表紙にしたらよかったと思う。

   その五郎丸のインタビューを週刊現代がやっているので、いくつかを紹介しよう。<「脚光の当たり方は変わりました。ただ自分たちラグビー選手の行動はずっと変わらない。これまで広く知られていなかっただけで、本当に内面の素晴らしい人間が多いんです。地道な努力を以前から続けてきました。せっかくなら、たくさんスタジアムに来ていただいたお客さんに満足して帰ってもらうような試合をしたい。僕だけでなく、すべての選手がそう考えています」>

   彼が11月29日(2015年)の自民党60周年記念式典へ出席したことは意外な感じだった。特定の政党への接近ではないかと危ぶむ声もあったが、<「自民党の政治家をめざしているのか、と。まさか。そんなつもりも能力もありません。勘違いはしていない。ただ現実に国を動かしている方々に、私たち選手のワールドカップでの経験、現地のホスピタリティーなどスポーツ文化について伝えたかった。どうしてもラグビー界だけでは大会を成功に導けないわけですから。いろいろと話もさせていただきました。でも、そこは報道されませんでした」>

   来年2月(2016年)から南半球の最高峰リーグ・スーパーラグビーのレッズへの加入が決まった。オーストラリアのブリスベンに本拠を置く名門である。チーム内の競争は激しく、最後尾から指示を飛ばすポジションの特性から英語力も要求される。<「ヤマハには海外駐在に備えるための英語教育システムがあります。今日も午前9時から1時間、受講してきました。ほぼ毎日です。どのくらい役に立つかはわかりませんが、やらないよりはいいだろうと」「地位が固まれば固まるほど失敗というリスクを避けて通るようになる。これだけスポットライトを浴びて、評価もしてもらって、国内にとどまっていたら、本当にリスクを避ける人間になってしまう。その意味でも海外に挑戦して、まだまだ日本のラグビー選手は弱いだろう、と思っているオーストラリアに行くのが楽しみなんですよ」>

   五郎丸のあのポーズを日本で開催するラグビーW杯でまた見たいものである。

新国立競技場デザインの「大成建設」安倍首相との近すぎる関係!外国訪問にトップ同行

   東京五輪のエンブレム盗作問題でデザイナーの佐野研二郎氏が批判を浴びた。ザハ・ハディッド氏がデザインした新国立競技場が予算を大幅にオーバーすると批判を浴び、新たなデザインが選ばれた。隈研吾氏(61)と大成建設による案だったが、『フライデー』は安倍首相と大成建設の間に「蜜月疑惑」があると指摘している。

   たしかに、安倍首相の外国訪問に大成建設の経営トップが頻繁に同行している。フライデーが調べたところ、ロシア、サウジアラビア、アラブ首長国連邦、トルコ、バーレーン、クウェート、カタール、ブラジルなど。つい最近のトルコ訪問にも大成建設の現会長である山内隆司氏(69)が同行しているし、13年にも大成建設が手がけたトルコ・ボスボラス海峡の海底開通式に安倍首相は出席している。

   トルコとは原発建設することで合意しているが、これにも大成建設が意欲を示しているという。14年6月に入札が行われた沖縄・名護市のキャンプ・シュワブ沿岸の仮設工事も大成建設が55億2000万円で落札している。その後も、岸壁新設工事を他社と共同で146億円で受注しているのだ。

   これほど時の首相に食い込んでいるから、今回の新国立競技場の設計案が選ばれたのではないか。ゼネコンと政治家との癒着の構造は古くて新しい問題である。ここを掘ると意外なものが出てくるかもしれない。

大田昌秀元沖縄県知事が心配する「人々の血が流れる事態」来年は命がけの辺野古阻止

   来年は間違いなく沖縄の年になる。週刊ポストではノンフィクション・ライターの森功氏が、大田昌秀元沖縄県知事(90)が現職時代に官房機密費50億円を受け取っていたと書いているが、真相はこうだと大田氏が説明している。<「沖縄では戦後復興が遅れ、10代の若い人の就職難が深刻でした。仕事がないものだから、若者が暴走行為を起こす。交通事故の死亡が全国平均の2倍ぐらいに上っていました。私がこれを橋本総理と梶山官房長官に訴えると、若者を救うためだと50億円を官房機密費から用意してくれたのです。でも結局、それは若者の就職支援に使われず、本土の官僚たちが奪い合いをして分散してしまった」>

   奪い合いをしたカネは何に使われたのか。そこは聞いていないようである。

   大田氏は来年の沖縄が心配だと話す。<「私が一番心配しているのは、血が流れる事件です。政府が強行に基地を移すと、何が起こるかわからない。70年に県民が立て続けに米軍車両に轢き殺され、住民が憲兵の車83台を焼き払ったコザ騒動みたいな歴史もある。5000人のコザ市民でしたけど、今は沖縄中が政府のやり方に怒っている。沖縄の人は普段権力に抵抗せず、百姓一揆のない唯一の県だと言われていますが、強行したら命を懸けても阻止するっていう連中がいる。そんな事態が起きなければいいが」>

酒井法子『悪ノリピー』綺麗でカッコイイくそババアになってやる!ディナーショー中国人爆買い

   新年合併号といえば、どこでもやるのが「あの人は今」というワイド企画である。各誌を覗いてみよう。週刊現代は元キャンディーズのミキちゃんこと藤村美樹(59)が都内で普通の主婦をしていると伝えている。夫は音楽プロダクションの社長だそうで、娘の一人、尾身美詞は女優デビューしているそうだ。われわれ世代には懐かしい「愛と死をみつめて」を歌って日本レコード大賞を受賞した青山和子(69)は、東京・池袋でカラオケスナック「青山和子の店 マコとミコ」を経営しているという。

   大昔、NHK大河ドラマ「徳川家康」で人気俳優になった滝田栄(65)は、芸能界や都会での暮らしが息苦しくなり、仏教の勉強のために単身でインドに渡ったそうだ。2年間、サソリやコブラがいるジャングルで座禅をして過ごし、食べ物は野菜とフルーツだけだった。帰国後は八ヶ岳の近くにアトリエを構え仏像制作に精を出しているという。約20体の仏像を東日本大震災の供養のために宮城県気仙沼市に自ら「地蔵堂」を建設して奉納したそうだから、これは本物だ。

   週刊文春で、みのもんたは毎晩のように銀座の「ピロポ」や「グレ」などの超高級クラブに行っていると話している。私も何度か行ったことがあるがバカ高い店である。朝起きて木刀を振っているそうだが、古舘のいなくなった「報道ステーション」の後釜でも狙っているのだろうか。無理だろうけどね。

   覚せい剤取締法違反の罪で有罪を受けた酒井法子(44)はディナーショーを行い、そこに中国人がチケットを爆買いして押しかけているという。ショーでは「碧いうさぎ」を披露し、「綺麗でカッコイイくそババアになってやろうと思います」と『悪ノリピー』しているそうだ。

   女房の尻に敷かれ巨額の借金をしていたことがバレた渡辺喜美元みんなの党代表(63)は、渋谷区松濤の豪邸から三鷹市のマンションに引っ越して、国政復帰を目指しているそうである。橋下徹氏に取り入っておおさか維新の会から出ようとしているそうだが、前途は多難のようだ。

   同じカネの話だが、高倉健が没して1年あまりたつ。多くの遺産を引き継いだ養女(51)だが、健さんの遺産は総額7億円を超えるというから、相続税が3億5000万円にもなるそうだ。これだけのカネを現金で払うのは大変なのだろう。赤坂のマンションが千葉県にある医療法人に売却された。売値は週刊新潮によると1億8000万円。その他にも世田谷の850平方メートルに立つ棟のうち小さいほうが、彼女自身が代表を務める個人事務所に売却されている。価格は推定で4000万円。また、彼女には高倉プロから健さんの死亡退職金として1億5000万円ほどが払われたという。いやはや遺産の額が多いと払う相続税も莫大になるものだ。

豪栄道は大丈夫か?大相撲野球賭博の首謀者出獄で告白!「彼だって超の付く常習者」

   これはワイドではないが、週刊新潮で「大相撲野球賭博事件」の首謀者・古市満朝氏(43)が3年の刑期を終えて出てきて、まだ事件は終わっていないと告白している。古市氏は<「俺が何を言いたいかというと、豪栄道も、超のつく野球賭博常習者だったということ。琴光喜や貴闘力と同等以上のことをやっとったわけですから」>と語っている。

   今も大関として活躍する豪栄道が、野球賭博で400万円の負け金をつくったことが事件の発端だというのだ。事件当時、豪栄道は球賭博に関与していたことは認めたが、それほどの金額を負けている「常習者」だとは話していない。古市氏が語り始めれば相撲界はまた大混乱するのか。注目である。

   これもワイドではないが、週刊文春が喜多嶋舞(43)の『婦人公論』での反論をデタラメだと批判している。喜多嶋の元夫で俳優の大沢樹生(46)が、息子(18)が自分の子供ではないと「親子関係不存在確認」を求めた裁判で、大沢と息子には「親子関係がない」と認められた。

   それに対して喜多嶋が「大沢さんは私がはじめて付き合った人」といい、大沢の子供だということは間違いないと主張したのだ。だが、喜多嶋の若い頃はいくつもの熱愛報道がなされ、そのうちのいくつかは事実だったと、その当時を知る人間が話している。

   喜多嶋が付き合っていたFというイケメン俳優がいたそうだ。その男との子供ではないかと、当時、彼女の周辺は考えていたし、親しい人間に喜多嶋は「Fの子の可能性がある」と漏らしていたという。一人で育てようといっていたが、一人で抱えきれなくなって大沢に妊娠を告げたところ、「大沢さんは、『大沢ジュニアか!俺も父親か』と喜び、すぐさま『結婚しよう』と男気を見せた。それが舞は嬉しくて、大沢さんの子だと信じようとしてしまった」(喜多嶋と親しかったX氏)>

   DNA鑑定を信じるか、自分の直感を信じるか。どちらにしても他人が入り込む話ではないが、可哀想なのは息子であることは間違いない。

NHK「あさが来た」エグゼクティブ・プロデューサー「はつ(宮崎あおい)は最後まで出演します」

   私には大スクープかどうか判断しかねるが、元読者モデルのカリスマといわれたタレントの益若つばさ(30)と、10代のカリスマロッカー「SEKAINO OWARI」のボーカル深瀬慧(30)が、「お泊まりデート&交際告白」したというフライデーの張り込みネタ。

   益若は結婚して長男をもうけたが離婚している。深瀬のほうもきゃりーぱみゅぱみゅ(22)と交際していたが、15年夏に破局しているという。フライデーの直撃に、二人とも堂々と「交際は順調」と話しているから、結婚は間近のようらしい。

   【蛇足】週刊文春は人気の朝のNHKドラマ「あさが来た」で、主人公のあさの姉を演じる宮崎あおい(はつ)が、史実では25歳で亡くなっているが、ドラマではどうなるのかをドラマの制作統括を務める佐野元彦エグゼクティブ・プロデューサーに問いただしている。 佐野氏は「はつと惣兵衛は最後まで出演します。主人公夫婦同様、はつ夫婦の人生も最後まで描くので楽しみにしてください」と答えている。

元木昌彦プロフィール
1945年11月24日生まれ/1990年11月「FRIDAY」編集長/1992年11月から97年まで「週刊現代」編集長/1999年インターネット・マガジン「Web現代」創刊編集長/2007年2月から2008年6月まで市民参加型メディア「オーマイニュース日本版」(現オーマイライフ)で、編集長、代表取締役社長を務める
現在(2008年10月)、「元木オフィス」を主宰して「編集者の学校」を各地で開催。編集プロデュース。

【著書】
編著「編集者の学校」(講談社)/「週刊誌編集長」(展望社)/「孤独死ゼロの町づくり」(ダイヤモンド社)/「裁判傍聴マガジン」(イーストプレス)/「競馬必勝放浪記」(祥伝社新書)ほか

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中