長崎・壱岐勝本のクロマグロ残念!大間ものに負けた・・・築地最後の初セリ

印刷

   今年(2016年)11月に東京・豊洲に移転する東京都中央卸売市場の築地での「初セリ」は今年が最後だ。ご祝儀相場が話題になるクロマグロは、青森・大間産の200キロものが1400万円で競り落とされた。落札したのは「つきじ喜代村(すしざんまい)」だったが、「モーニングショー」は、マグロは大間産だけではないと、南の長崎・壱岐の一本釣りをルポした。

近ごろ大物が減った

   壱岐の北端の勝本町の漁師はいま300人ほどいる。売りは「一本釣り」だ。「北の大間、西の壱岐勝本」と築地での評価も高い。漁師たちも築地の「初セリ」をにらんで「高品質なら(大間に)負けない」というのだが、いかんせん大きなものがなかなか上がらないようになったと悔しがる。

   中村稔さん(47)は3日(2016年1月)未明、今年の出漁だ。真っ暗な中でまずはマグロの餌となるイカを釣る。餌が良くないと食いも悪い。漁場は壱岐と対馬の間にある七里ケ曽根と呼ばれる棚である。プランクトンが大量に発生するので小魚が集まり、それを狙うマグロも来る。中村さんは漁師歴30年だが、マグロを始めたのは18年ほど前に大間の250キロの大マグロを見てからだ。13年には315キロの大物をあげたこともある。

   朝6時過ぎ、竿を入れた。と、数分後にアタリがあった。格闘十数分、本マグロを釣り上げた。その場で、血抜き、エラ・内臓を取り水で洗い流す。そのまま氷漬け。この処理が高品質の理由だという。一本釣りも傷をつけないための漁法だ。資源を守る漁でもある。

   この日は次々とアタリがあったが、その後はヒラマサばかりだった。魚群探知機で見るとマグロはいるが、食ってくれなかった。結局、40・7キロの本マグロ1匹とヒラマサ3匹。初セリで中村さんのマグロは、キロ3200円で地元の業者が買った。

すしざんまい社長「最高にいいマグロ競り落とした」

   この日、勝本一番の大物は163キロで、これは築地へ送られた。先の初セリでキロ1万500円、175万9800円で競り落とされた。勝本の悩みは近年200キロ級が少なくなったことだ。釣れても100キロ前後。1~3月の繁漁期、壱岐勝本では100キロ以上のクロマグロの水揚げは、05年には114本だったものが昨年は10本しかなかった。

   築地から最高値を付けたマグロを前に、岡安弥生レポーターの隣ですしざんまいの木村清社長が「最高にいいマグロ。今年も買いましたよ」と満面の笑みだ。

   青木理(ジャーナリスト)「マグロは去年、絶滅危惧種に指定されましたよね。みんなまき網でとって8割は日本人が食べている。このままだと食べられなくなっちゃう。やっぱり一本釣りのように資源を大事にしながらでないといけないですよね」

   玉川徹(テレビ朝日ディレクター)「マグロもいいけど、ヒラマサも美味しいです」

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中