保育園落ちた日本死ね!大渕愛子弁護士「私も諦めた。多くのママが同じ思い」

印刷

   日本死ね!―なんとも乱暴な文章なのだが、あるインターネット投稿が主婦層から支持を得ている。タイトルは「保育園落ちた日本死ね!」。そしてこう書く。

「一億総活躍社会じゃねーのかよ どうすんだよ私活躍出来ねーじゃねーか 子供を産んで子育てして社会に出て働いて税金納めてやるって言ってるのに日本は何が不満なんだ どうすんだよ 会社やめなくちゃならねーだろ 不倫してもいいし賄賂受け取るのもどうでもいいから保育園増やせよ オリンピックで何百億円無駄に使ってんだよ」

1億総活躍社会なんてどこの話?

   街の主婦たちの反応はこうだ。「言葉は悪いですけど、でも、言いたいことは共感できると思います」「不倫とかあまり自分の直接関係ないことなんで、もっと時間をかけて欲しいところはありますね」

なぜ解決しないのか

   つい先日、1歳の息子の保育園入園を諦めたことが話題になった大渕愛子弁護士はこう言う。「申し込んでも無駄って判断しました。そもそも一つの保育園の定員が凄く少ないんですよね。3人とか5人とか。そこに何百人もの人が申請してくる。こういう書き込みのように、大きな声を出さないと振り向いてもらえないし、政府も本気で解決しようとしてくれない。そういう思いがママさんたちの中には強くあると思います」

書き込んだ主婦「会社を辞めなくてはならない現状に怒り」

   書きこんだ主婦に「モーニングショー」が連絡したところ、「保育園に落ちてしまい、働き続ける予定だった会社を辞めなくてはならない現状に怒りを感じ、独り言のつもりで書きました」という返事が来た。

   司会の羽鳥慎一「非常にこれ、乱暴な言葉です。ただ、ポイントが詰まっているというか、1行1行すべて的を射ているかもしれません」

   吉永みちこ(作家)「政府は『女性が輝く』とか『一億総活躍』とか言ってますが、それをなぜ解決しないのかっていう、すごく根源的な問題を投げかけてますよね。たしかに予算の壁はあるでしょうが、いかにオリンピックにお金をジャブジャブ使ってるか。ここをキチッと枠を作ればいいんですけどね」

   長嶋一茂(スポーツプロデューサー)「『保育園落ちた』って書いてるけど、日本のことをこの人はちゃんと考えてるなと思います」

   この投稿、さらに共感の輪が広がりそうだ。

ビレッジマン

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中