リオ五輪マラソン女子代表「田中智美」で決まり!?名古屋ウィメンズ1秒差で決着

印刷

   リオデジャネイロ五輪代表の選考会を兼ねた名古屋ウィメンズマラソン(2016年3月13日)は、田中智美選手が小原怜選手とのデッドヒートの末、1秒差の2時間23分19秒で日本人トップの2位となった。田中は五輪代表をほぼ確実にした。

   レース終盤の37キロすぎに小原がいったん田中を抜いたが、田中が抜き返し、スタジアムに入ってからも、まるでトラックレースのラストスパートのような展開となった。「すごかったですねえ。ゴール1秒差ですよ」と司会の加藤浩次も興奮気味に語った。

田中「五輪代表に決まったと自分は思っている」

   田中は千葉県成田市出身で「Qちゃん(高橋尚子)にあこがれてマラソンを始めた」という。フルマラソンのデビューはおととし(2014年)で、きのうが4回目だった。レース後に「(五輪代表に)決まったと自分は思っている」と話した。

イッパツ選考にしたら

   五輪のマラソン女子代表枠は3人で、昨夏の世界選手権で7位になった伊藤舞はすでに内定、大阪国際女子で日本陸連の選考基準タイムを上回る2時間22分17秒で優勝した福士加代子も事実上の内定となった。残る1枠は選考対象の最終レースである名古屋ウィメンズの優勝選手ということになり、それだけに田中と小原は死に物狂いで走ったのだ。

   加藤「マラソンの選考は毎回ごたごたするというか、五輪の1年前に開催地と同じようなコースを見つけて一発勝負で決めたらいいんじゃないですかね。いろいろな意見があるとは思いますけど」

   リオ五輪代表は田中、福士、伊藤で決まりというところかもしれないが、さいたま国際の日本人トップ(吉田香織)もいる。今週木曜日の17日に発表になる。

文   あっちゃん | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中