「児童相談所が助けてくれない」親から虐待少年自殺!何度も入所保護訴え

印刷

   「親に虐待を受けている」と神奈川県相模原市児童相談所に再三保護を訴えていた中学2年の男子生徒(当時14)が自殺した。児相は「対応に間違いはなかった」と主張しているが、自殺を防げなかったのだからそんなことはあるまい。

顔のあざに気付いた学校も連絡

   虐待がわかったのは2013年秋で、当時小学校6年生だった少年の顔にあざがあるのを学校が気づき、相模原市を通して児相に連絡した。児相は虐待と認定したが、暴力は止まらず、14年5月には生徒が「暴力を振るわれている。家に帰りたくない」とコンビニに駆け込んだこともあった。10月にもトラブルがあり、「両親と離れて施設で暮らしたい」と助けを求めていた。

保護してれば・・・

   生徒は14年11月中旬に親族宅で首をつり、意識不明状態が続いていたが先月28日(2016年2月)死亡した。

   生徒の母親は「手をあげるようなことがなかったとは言いません。でも、皆さん、どうなんですかね。(子供に)それは悪いことなんだと分かってもらえなかった時、どうしたらいいですか」と話す。父親は「たしかに手をあげました。それは小学校の頃に2回。その後、児童相談所と約束して、もういっさい手をあげないと約束して、それからはやっていません」と説明し、「本人に対しては申し訳ないとしかないですね」と語る。

児相所長には「親から引きはがし強制保護の権限」

   児童相談所は所長権限で子供を保護するために親から強制的に引き離すことができる。厚生労働省の指針でも、強制するかどうかに迷った時は躊躇するなとしている。今回その措置をしなかった。

   児相の鳥谷明所長は「私たちの指導で親子関係は以前より良くなり、暴行をやめると約束していた。職権で保護するまでの要件ではなかった」と釈明した。

   司会の加藤浩次「どう思いますか」

   宮崎哲弥(評論家)「厚生労働省の指針や状況をみると、結果論ですが、私が所長だったら、保護していたと思いますね」

文   一ツ石 | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報PR
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中