プロ野球入りの360°杉浦「開幕ベンチ入りを逃した。これが現実。甘くない」

印刷

   プロ野球の四国アイランドリーグ、愛媛マンダリンパイレーツに2015年秋に入団し、16年にプロ初シーズンを迎えるお笑いコンビ「360°(サブロク)モンキーズ」の杉浦双亮が4月1日、開幕メンバー入りを逃したことをブログで報告した。

   「僕が追い求めて来た、夢のプロ野球の舞台!四国アイランドリーグが、いよいよ明日開幕します!」と待ち望んでいた日がようやく来たことに胸ふくらませていたが「僕は、ベンチ入りを逃してしまった」と残念なスタートとなった。

   4月1日ということもあって「エイプリルフールだから、ベンチ入り出来なかったのは嘘でしたー!!と、本当は言いたいところだが、これが現実。やはりそんなに甘くない世界だ!!」としている。「プロの世界だからこそ厳しいのは当たり前!」と認めつつ「だがシーズン開幕戦は、1度しか経験出来ない特別な試合です!正直な気持ちとしては、開幕戦の雰囲気を味わってみたかったし、チームの1員としてみんなと一緒に戦いたかったな~...」と悔しさを募らせた。

   それでも「シーズンは開幕戦だけじゃない!!まだまだ夢の舞台は始まったばかりだ!!毎週のように登録メンバーの更新もあるから、チャンスはまた必ず来る!!次はそのチャンスを絶対にモノにしたい!!ベンチ入りを目指し、憧れのプロのマウンドを目指し日々励んで行きたい!!」と気を取り直している。

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中