「東京メトロ」車掌なぜ緊急停止しなかった?ベビーカー挟んだまま走行

印刷

   おととい4日(2016年4月)午後3時頃、東京メトロ・半蔵門線の電車がベビーカーをドアに挟んだまま走るという事故があった。幸い赤ちゃんは乗っていなかったが、車掌がミスを重ねたのが原因だった。東京メトロは国土交通相に謝罪したが、謝って済む話じゃない。

非常通報ブザー気付いたが確認せず

   半蔵門線・九段下駅に停車中の電車に、母親が子供2人を連れて乗り込み、続いて夫が空のベビーカーを押して乗ろうとした時ドアが閉まった。ベビーカーの前輪が挟まれ、夫はホームにいる。いったんドアを開けて閉め直すところだが、電車はそのまま発車した。

けが人なくて・・・

   ベビーカーは約100メートル引きずられ、ホームの端の柵にぶつかって壊れたが、車掌も駅員もこれを見ていなかった。電車内の母親とホームの乗客が非常通報ボタンを押したが、車掌は停止措置を取らずにそのまま400メートル先の神保町駅まで走った。

   電車のドアは異物が挟まった状態だと上部の赤ランプが消えず、電車は発車できない。しかし、東京メトロは異物が1.5センチ以下だとランプが消え、発車可能になるという。今回はこのケースだろう。

   ベビーカーがドアに挟まる事故は、数は少ないがある。02年9月には東京駅で引きずられて2歳の子供が軽いけがをした。07年5月には神田駅で約20メートル引きずられた。いずれも気づいて停車している。そのまま走り続けたというのは聞いたことがない。

   赤ランプ以前に車掌がやるべき安全確認があるはずだ。まずは目視。ホームを見渡して(あるいはモニターで)、発車前にドア付近でトラブルが起きていないかどうか確認するのはイロハだろう。これをやっていなかった。

「次の駅まで近かったので、そこで対処すればいいと・・・」

   事故のあった車掌は先月中旬から車掌業務に就いたばかりの新人で、「ベビーカーに気づかなかった」と話しているという。「気づかなかった」じゃなくて「見ていなかった」だろう。九段下駅のホームは直線で見通しがいい。

   車掌は非常通報ブザーを聞いて、インターホンで話そうとしたが応答がなかったため「次の駅まで400メートルと短いので、そこで対応すればいいと非常ブレーキを引くのを躊躇した」という。九段下駅の駅員はなにをしていたのか。

母親の大沢あかね(タレント)は怒った。「新人だか何だか知らないけど、乗客の安全が第一でしょうが。それにボタンを押してるのに止まらないなら、ボタンの意味がない」
森圭介アナ「新人かどうかは関係ないですよ」
司会の加藤浩次「けが人がなくてよかった」

   緊急停止をして電車が遅れると、何かペナルティーのようなものが社内にあるのだろうか。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中