くまモン活動再開!地震被災地回って「みんなで頑張ろう」海外からも応援メール

印刷

   熊本地震の被災者への配慮から活動を控えていた熊本県の人気ゆるキャラ「くまモン」が、こどもの日のきのう5日(2016年5月)に活動を再開した。復活を望む多くの声に応えたのだったが、3週間ぶりの登場は子どもも大人も大喜びだった。

   地震の後、森川ジョージさん、ちばてつやさんら人気漫画家によるくまモンをあしらった熊本応援イラストが続々と現れ、くまモンの復活を望む声も寄せられた。熊本県庁には110通のメールや手紙、くまモンスクエアのノートにも応援メッセージの書き込みが300にもなって、中国、香港、台湾からものもあった。

ゆるキャラがもつ癒し効果

   西原村の保育園に現れたくまモンは子ども達の輪の中に入っていつものスキンシップ。子ども達は「嬉しかった」と口々に言い、お母さん達も「こどもの日に来てくれてよかった」。お年寄りも笑顔で握手していた。

   犬山紙子(コラムニスト)「いいですね。子どもがニコニコすると大人もニコニコする。経済効果もあるけど、心を癒す効果もありますね」

   岩本乃蒼アナ「ゆるキャラの持つ力ですね」

   近藤春菜キャスター「くまモンに会うことで、何にも考えずすごい笑顔になって癒されてる。こういう存在になりたいなと思います。うん」

   理屈では割り切れないものってあるんだねえ。くまモンはこれからも被災地を中心に活動を続けるそうだ。

文   ヤンヤン
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中