「刺傷アイドル」襲われる直前に110番!通信中に「きゃあ、助けて」

印刷

   東京・小金井で芸能活動をしていた大学生の冨田真由さん(20)が刺された事件で、目撃者から110番通報が入る1分前に、冨田さん本人からも110番が入っていたことがわかった。電話は繋がったままで、冨田さんの悲鳴や凶行の物音を通信制令室に届いていた。警察はなぜかこれまで目撃の110番が最初と言っていた。

   殺人未遂で逮捕された岩埼友宏容疑者(27)は、小金井駅でライブ会場へ向かう冨田さんを待ち伏せ声をかけたが、無視されて逆上し、用意したナイフで冨田さんの胸や首など20か所以上を刺した。冨田さんは依然意識不明の重体だ。

機能しなかった緊急通報システム

   冨田さんは岩埼のブログへの執拗な書き込みについて、9日(2016年5月)に武蔵野警察署に相談していた。そのときに110番緊急通報システムに登録した。冨田さんが通報すると本人からだと自動表示される。

対策ないの?

   ところが、この通報が入った時、110番センターは通常の呼びかけをしており、冨田さんが応答できない状態で「きゃー、助けて」などと叫ぶのをただ聞いていたらしい。本来なら、登録した人物が襲われていることが瞬時にわからなければならないし、そうでなければシステム登録の意味がない。

   岩埼は群馬県出身で、中学時代は柔道の90キロ級で県大会3位になったこともあった。推薦で公立高校に入って1週間で退学した。2年後に別の高校に入学したが、同級生は2歳年下なので、いつも一人で「クラスの人としゃべっているのを見たことがない」という状態で、結局、ここも中退してしまう。京都へ移って造園会社で働いていた。

   冨田さんのライブで最前列に座っている写真も残っており、熱心なファンだったらしいが、冨田さんがツイートをブロックしたあたりから無断欠勤が目立つようになった。ネット通販でナイフを入手し、犯行当日に上京した。直前にツイッターに「まだかな、まだかな」と書いていた。

SNSはストーカー規制法対象外と動き鈍かった警察

   警察は「SNSの書き込みは(電話、メールと違って)ストーカー規制法には適用されない」として何もしなかった。司会の加藤浩次は「逆上した人間には対策はないのですかね」と首をかしげる。

   宮崎哲弥(評論家)「『犯罪します』と書いているんだから、何らかの手を打てないと。法改正も必要かもしれないですね」

   加藤「SNSはファンとの交流の手立てでもあるからねえ」

   電話、メールは規制対象で、SNSは法律に書いてないから対象外というのは、取り締まっても立件できないから対応しないということだろう。ストーカー規制法の趣旨はまず被害者の保護なのだから、警察は冨田さんの危険を放置したに等しい。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中