<海よりもまだ深く>
愛想尽きた妻と未練たらたらの亭主、一人暮らしの老母・・・カンヌ映画祭で絶賛された是枝裕和ワールド!クスリと笑わせる「家族の絆」

印刷
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ
(C)2016 フジテレビジョン バンダイビジュアル AOI Pro. ギャガ

   「そして父になる」「海街diary」など、近年の是枝裕和監督の映画は一貫して「家族の絆」がテーマだ。今年(2016年)のカンヌ映画祭「ある視点部門」に出品され、上映終了後7分間のスタンディングオベーションを受け絶賛された。

   主人公の良多(阿部寛)は15年前に文学賞を1度とっただけで、今は興信所に勤め、浮気調査、迷い猫探しなどの探偵稼業だ。周囲にも自分にも探偵は「小説のための取材」だと言い訳している。妻の響子(真木よう子)に愛想をつかされ離婚し、11歳の息子・真吾の養育費もまともに払えない。しかし、別れた響子に未練たらたらだ。良多が頼りにしているの母の淑子(樹木希林)は、苦労をさせられた夫を亡くして、団地で気楽な一人暮らしを送っている。

人生、こんなはずじゃなかった・・・

   月に1度の真吾との面会日にたまたま淑子の家に集まった良多、響子、真吾は大型台風のため翌朝まで帰れなくなる。「台風が来るのって、なんか気持ちがセイセイする」と淑子がラジオ体操を始める。台風が来るとワクワクする不思議な高揚感。分かるなあ、その気持ち。

   登場人物たちはみな「人生、こんなはずじゃなかった」と思っている。とりわけ良多は息子のための野球のスパイクをわざと傷つけて店員にマケさせたり、仏前の供物の饅頭をほうばりながら母のヘソクリを探すなど、とにかくせこい。

   全編、苦笑に満ちている。セリフの一つ一つが思わず膝を叩きたくなるような言いえて妙の数々だ。「なんで男は今を愛せないのかねえ」「大器晩成って、時間がかかりすぎですよ」「人生なんて単純」「誰かの過去になる勇気を持つのが大人の男」「自分のダメさを時代のせいにしちゃダメよ」などなど。

まだ海よりも深く愛したことがないから生きていけるのよ

   響子と真吾は暇つぶしに人生ゲームをしている。良多が風呂から上がり、真吾と入れ替わる。響子に「二人でやろうか、人生ゲーム」と誘うと、「冗談じゃないわよ、あんたと人生ゲームなんて」。このセリフが一番笑えた。

   深夜、寝付けず起きてきた良多と淑子。そこで、テレサ・テンの「別れの予感」がラジオから流れてくる。「海よりもまだ深く~」。淑子が「人はまだ海よりも深く愛したことがないから、生きていけるのよ」と諭す。ここで終わればしみじみとした「いい話」なのだが、さすが是枝監督はそうはしない。淑子は続いてこう言う。「私、今いい話しなかった? メモして次の小説に使いなよ」

   翌朝、良多は真吾を公園へ誘う、響子も後を追う。そこで3人の「冒険」が始まる。台風一過、カラッと晴れた青空の下、それぞれの思いを胸に別れていく。

佐竹大心

オススメ度☆☆

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中