アメリカ最悪の乱射!フロリダの同性愛者ナイトクラブ 50人死亡・・・ISが犯行声明

印刷

   アメリカ・フロリダ州オーランドのナイトクラブで12日午前2時(日本時間2016年6月12日午後3時)頃、男が銃を乱射して50人が死亡、53人の負傷者を出し、全米最悪の被害となった。男は銃撃戦の末、警察に射殺された。

   過激派組織イスラム国(IS)系ニュースサイトは、「100人以上の死傷者を出したゲイ・ナイトクラブを狙った襲撃は、イスラム国の戦士によって実行された」と伝えた。しかし、実際にマティーンとISがどうつながっていたかは明らかでない。犯人はアメリカ国籍のオマル・マティーン(29)。両親はアフガニスタンの出身で、以前からISとの関わりが疑われ、FBIの捜査対象にもなっていた男だった。

   CBSテレビによると、マティーンは銃撃直前、警察への緊急通報電話でISへの忠誠を誓っていた。その際、ボストンマラソンで爆弾テロを起こした兄弟言及していたという。

WDWやUSFすぐ近くのリゾート地

   クラブは同性愛者が集まることで有名で、マティーンの父親は息子は同性愛者に批判的な考えだったと話している。6月は同性愛者の催しが多い月で、人が多く集まる場所を選んだ可能性がある。

どんなところ?

   司会の夏目三久「オーランドとはどんなどころなんですか」

   パトリック・ハーラン(タレント)「近くにディズニー・ワールドやユニバーサル・スタジオなど大型のテーマパークがあるリゾート地で、事件は土地柄とは関係ないんじゃないですか」

   ここでアメリカの地図を出して見せたが、東海岸から西海岸まで赤い点がびっしりと散らばっていた。昨年(2015年)1年間に銃の乱射事件が起こった場所だった。オーランドはフロリダ半島の真ん中だが、同じフロリダ州内だけでも10件の事件が起きている。「今年に入って全米で175件も乱射事件が起きています。1日に1件以上」(ハーラン)

シリアでの劣勢跳ね返すためテロ拡散

   オバマ大統領は「テロ行為でありヘイト行為である」と非難。「米国史上最悪の銃撃事件だ」として、「恐怖に陥ったり反目するのではなく、米国人として結束して戦う」と語った。

   龍崎孝(流通経済大教授)「ISはいまシリアなどでは劣勢に立っていると言われます。そこでこうした事件を起こしたのかもしれないが、土台にアメリカの銃器社会がある。大統領選を通じてどんな判断が出るのか注目されます」

   だが、乱射事件が起こるたびに、逆に銃は売れるのだそうだ。

文   ヤンヤン | 似顔絵 池田マコト
  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)

お知らせ

電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中