熊本地震から半年!「あさイチ」被災地から中継・・・修理進まぬ「阿蘇神社」

印刷

   今年(2016年)4月に熊本地方を襲った大地震から半年になる。復興は進んでいるのか、被災地の人は元気なのかと、有働由紀子、井ノ原快彦、柳澤秀夫のキャスターがきょう13日と14日は熊本から放送だ。

   3人は阿蘇神社と地元の商店街を訪ねる。阿蘇神社には日本の三大名跡の楼門と裏の拝殿があるが、いまだに倒れた時のままだった。佐藤俊吉アナによると、「築170年の楼門は国の重要文化財に指定されていて、復興費用の95%は国と県から出ます。ところが、文化財のために12本の柱は『現状の部材を可能な限り使う』という決まりがあって、再建工事の調査に手間取っています」

   拝殿は文化財に指定されていないので、再建費用は全部神社の負担だ。「費用を賄うには寄付金しか頼るものがありません。神社の全額負担は無理です」と権禰宜の内村泰彰さんは頭を抱えている。

   佐藤アナ「でも、われわれができる支援があります。インターネットで阿蘇神社の動画を見るだけで1回0・1円が阿蘇神社に寄付されるんです」

神社前商店街は元気「地震に負けないカツ重」「タノシイシュークリーム」食べて!

   阿蘇神社前の商店街も頑張っている。時計店の宮川幸二さんは「みんな元気で励んでいます、阿蘇の今を安心して見に来てください」と言う。商店街の飲食店では馬肉のコロッケや「名前が田野なのでシュークリムにはタノシイクリームと名前が付いています」(田野善文さん)、「郷土料理で目玉はあか牛肉の牛カツ重です。客足は今は半分ですが地震に負けずに元気にやります」(宮本博文さん)と口々に話す。

(磯G)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中