<今週のワイドショー>「ノーベル文学賞」ボブ・ディランで吹っ飛んだ「恒例の村上春樹騒動」

印刷

   ワイドショーは13日木曜(2016年10月)の午後8時前後にノーベル文学賞の受賞者発表があるということで、準備万端で待ち構えていた。村上春樹氏が受賞してもできなくても、街の声を拾い、ファンが詰めている飲食店で騒ぎっぷりを取材しようとカメラと記者を繰り出していた。

   そこに飛び込んできたのはアメリカのシンガーソングライター、ボブ・ディランの名前だった。ええっ、村上春樹より話題性ありじゃないか。村上ファンの残念コメントの取材もそこそこに、今度はボブ・ディランのファンが集まり店へ大移動となった。

   翌朝からワイドショーはトップで取り上た。なにしろ、ディアランの映像なら山ほどある。<「ノーベル文学賞」毎年候補に上がっていたボブ・ディラン!今年はブックメーカー7位>(フジテレビ系「とくダネ!」)、<ボブ・ディラン「ノーベル賞」にファンの泉谷しげる「似合わねえなあ。不思議な違和感」>(日本テレビ系「スッキリ!!」)、<若い人には馴染みがない?ボブ・ディラン・・・「いいや、彼の歌でいじめに負けない勇気もらった」>(TBS系「あさチャン!」)と伝えた。

   来週は世界中のメディアがディランの受賞コメントの取材合戦となりそうだ。いや、ノーベル賞を断るなんていうことだってあるかもしれない。

(テレビウォッチ編集部)

インヴァスト証券

   FX投資家の中には、専門家顔負けの熱心な投資家がいる。おそらくはそんな人が「勝ち組」なのかもしれないが、少なくとも初心者が「儲かった」という話はあまり聞かない。FX投資歴5年のサラリーマン・高山俊之さん(仮名)もそんな一人だ。続きを読む

PR 2016/11/17

サプリ特集

   クリスマスまでに頑張るぞっ!続きを読む

PR 2016/11/14

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

生き残るために「仕事くれ!」次はあなたの会社へGO!

カス丸「クビ」の崖っぷち!?

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中