カンニング竹山「ボート場の問題が起こって急に復興とか言い出した。何故もっと本気で考えない」

印刷

   お笑い芸人のカンニング竹山が10月18日(2016年)、東京五輪・パラリンピックでボート・カヌー競技をどこで行うかをめぐり、ツイッターで見解を述べた。きのうの「白熱ライブ ビビット」(TBS系)では、宮城県の長沼案について「復興を言い過ぎ。4年後まで復興してないんですか?宮城以外の福島や岩手はどうなんですか?いい時だけ『復興』を使いやがって。お金(五輪予算)と復興は別でしょ」と語ったと、デイリースポーツが報じていた。

   18日、竹山は「ネットの記事だけ読んで誤解なさっている方が多々いるようなので今回は一言だけ」とし、「復興五輪とは前から言っていたのに何故もっと本気で東北の復興を考えて東京と東北でのコラボ案が出てこないかが僕は悔しいのです」「ボート場の問題が起こって急に復興とか言い出したことが悔しいのです」という。「中々上手くいかない現実や問題点が5年経ってもまだまだあると言う事を本当にわかってくれていますか?と言う事を言いたかったのが言葉たらずになったようです」と釈明した。

ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中