東電福島第2原発「冷却装置」一時停止!プールに使用済み核燃料2544体

印刷

   福島県沖で22日(2016年11月)早朝に発生した地震で、東京電力福島第2原発3号機にある使用済み核燃料プールの冷却装置が停止した。プールには使用済みの核燃料2544体が入っている。午前8時前に復旧した。

   「あさチャン!」は東電と原子力規制庁の情報として、午前6時半前後に「福島第1、第2原発に異常はなく、モリタリングポストの数値にも異常はない」と伝えた。菅義偉官房長官も会見で「直ちに放射能漏れや核燃料の温度が上がる状況にないとの報告を受けている」と説明した。

   福島隆史(TBS解説委員)「発電の役割を終えた核燃料を冷やすプールで、これ自体が直ちに臨界に達するとは考えにくいですが、まだ十分熱を持っており、長い期間プールで冷やし続けなければいけないんです」

文   モンブラン
ラーニング

   環境省が毎年行っている「環境にやさしい企業行動調査」では、7割の企業が経営層や従業員に対する環境教育を行っていると回答しています(平成26年度調査結果)。環境にやさしい企業活動を実践するためには、環境保全への意欲を高め、環境に関する正しい知識を身につけるための環境教育が必要です。 続きを読む

PR 2017/2/15

  • コメント・口コミ
  • Facebook
  • twitter
コメント・口コミを投稿する
コメント・口コミを入力
ハンドルネーム
コメント・口コミ
   

※誹謗中傷や差別的発言、不愉快にさせるようなコメント・口コミは掲載しない場合があります。
コメント・口コミの掲載基準については、コメント・口コミに関する諸注意をご一読ください。

注目情報

向田邦子、阿久悠、秋元康の作品から、現代の女性像を紐解く。

「女性と文化」WEB公開講座
追悼
シニアの健康ライフ
Slownetからのおすすめ記事(提携)
電子書籍 フジ三太郎とサトウサンペイ 好評発売中